Google、Chromeに広告ブロック機能の実装検討か

2017年4月21日 21:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

takehora 曰く、 GoogleがGoogle Chromeへの広告ブロック機能実装を計画しているとWall Street Journalが報じている。

 この機能はデフォルトで有効となる予定で、ブロックされるのは「顧客体験を悪化させる」タイプの広告だという。Coalition for Better Ads(より良い広告のための連合)が定めた「Better Ads Standards for Desktop and Mobile Web in North America and Europe」(北米及び欧州におけるデスクトップ・モバイルWebのためのより良い広告基準)が指標となる。

 具体的には、ポップアップ、音声付きで自動再生される動画、Prestitial Ads(Webサイトを開くと、カウントダウンと共に全画面でまずは広告が表示されるもの、もしくは、一旦広告ページが表示されるもの)がブロック対象となる。

 また、「不快な広告」があるサイトにおいてはそのサイト上の全ての広告をブロックする方式も検討しているという。これによってWebサイト運営者は、サイト上のすべての広告が基準に合致しているかどうかを確認することが求められるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Chrome | IT

 関連ストーリー:
Google Chrome、ページロード途中のレイアウト変動を抑える技術を導入 2017年04月20日
Google Chrome 57でSymantecのEV SSL証明書に組織名が表示されない不具合 2017年03月29日
Chromiumが「アニメーションPNG(APNG)」の表示をサポート 2017年03月18日
Mozilla、プライバシーを重視したiOS向けブラウザー「Firefox Focus」をリリース 2016年11月20日
FacebookとAdblock Plusの広告ブロック対決、Facebookに軍配 2016年09月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleChrome広告ブロック

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース