生殖器官のがん治療に向けた「精子型ロボット」

2017年4月20日 15:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 女性の生殖系器官に薬を送り届けるための「精子型ロボット」というアイデアが考案された(ギズモード・ジャパン)。

 薬を搭載した超小型ロボットを使ってがん細胞に抗がん剤を直接投与する実験も行われており、実験環境においては実際に効果が確認できたという。ただ、ロボットの動きは遅く、まだ実用レベルには達していないようだ。

 精子ロボットについては、不妊治療を目的としたものが以前ハフィントンポストで報じられていた。こちらは精子細胞を超小型モーターで覆うことで精子をアシストするというものだった。

 スラドのコメントを読む | 医療 | ロボット

 関連ストーリー:
低コストで麻酔薬を投与できるロボット、普及せずに終了へ 2016年04月04日
ロボットを利用した医療技術、2000年から2013年までで発生した死亡事故は144件 2015年07月28日
自動採血ロボット、開発中 2013年07月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードがん

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース