自律走行ロボットが出前届けるサービス、米サンフランシスコで開始

2017年4月19日 11:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米サンフランシスコで、「ランチを運んでくるロボット」が試験運用されているそうだ(CNET Japan)。

 ロボットと言っても人型ではなく、どちらかというと車輪付きコンテナといった風貌。高さは約122cmほどで、時速約4.8~6.4kmで町の中の歩道を自律走行できるという。稼動時間はおよそ6~8時間ほど。

 利用者の注文に応じて飲食店に移動し、注文した商品をコンテナ内に収納して配達を行うというもの。利用者はこのロボットが到着したら、注文時に受け取った解除コードを使ってコンテナを開けて商品を受け取る仕組み。また、路上の状態を検知して記録・フィードバックする仕組みもあるという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ロボット

 関連ストーリー:
米Amazon.com、米国内で初めてのドローン配送実験を行う 2017年03月28日
DeNAとヤマト運輸、自動運転車を使った物流サービスの実験を来年3月に開始 2016年07月21日
小型ロボットカートによるご近所配送というアイデア 2015年11月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードサンフランシスコ

「ロボット・人工知能(AI)」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース