世界のビジネスリーダーの34%、デジタル革新の成果確信-富士通が調査

2017年4月18日 16:55

小

中

大

印刷

デジタル革新の進捗状況への回答(富士通発表資料より)

デジタル革新の進捗状況への回答(富士通発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 富士通が行った世界15カ国の経営層、ビジネス・リーダーを対象にした「グローバル・デジタル革新調査」によると、世界のビジネス・リーダーの89%がAI(人工知能)やIoTなどのデジタル技術によるデジタル革新に取り組んでおり、取り組みのうち34%で具体的な成果を上げていることがわかった。

 調査は今年2月、日米欧など15カ国の中規模以上の企業経営層を対象に、オンライン・無記名で行なわれ、1,614人の回答を得た。

 デジタル革新による具体的な成果のトップ3は、売上の増加(46%)、顧客との関係強化(44%)、商品競争力強化(36%)で、デジタル革新がビジネス成長に貢献し始めていることが確認できたとしている。

 また、デジタル革新で成果を上げるため必要な条件としては、スキルを持った人材の確保(19%)や、リーダーシップの発揮(18%)、革新に対応できる組織やプロセスの整備(17%)を重要な要因だ考えていることがわかった

 デジタル時代に最も強化しなければならない人間の能力に関しては、デジタル技術に関する専門知識(18%)に加えて、発想力や創造性(17%)などが必要であると捉えていた。

関連キーワード富士通IoT(Internet of Things)

関連する記事

「ビジネス戦略」の写真ニュース

経営・ビジネスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_mgt

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース