「Google日本語入力プチプチバージョン」が発表

2017年4月1日 11:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Googleが「Google日本語入力 プチプチバージョン」を発表した。キーボードのように表面に文字が印刷された気泡緩衝材(エアーキャップ、プチプチ)を潰し、それを読み込ませることで日本語の入力を行えるというデバイスとなっている。

 「スタンダートタイプ」と「ハンディタイプ」の2種類が用意され、ハードウェアの設計図や回路、ファームウェアはApache Licenseで公開されている(GitHub)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | エイプリルフール

 関連ストーリー:
Google、フリック入力向け物理キーボードを発表 2016年04月01日
文字化けの「豆腐」を再現することのできる日本語フリーフォント「TofuFont」がリリース 2015年04月01日
めくるめく香り検索 Google Nose Beta はじまる 2013年04月01日
Google、ファミコン版Googleマップを発表 2012年04月01日
Google、「Google日本語入力キーボード」を開発中 2010年04月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleGitHubファームウェアキーボード

「グーグル(Google)」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース