秋元グループでセンターに固定されたメンバーの明暗

2017年3月13日 21:31

小

中

大

印刷

 さる、3月8日、SKE松井珠理奈が二十歳の誕生日を迎えた。まだ小学生のときからSKEに入り、SKEのセンターとともに、AKB48のセンターまで前田敦子とのWセンターという形ではあったものの、抜擢された彼女も、最近はもう風格さえ感じるようになっている。

 しかし、当初、彼女は特にAKBのファンからは「ごり押し」と壮絶なバッシングを受け、握手会などでも暴言を吐かれることが多々あったという。いい年をした大の大人が小学生、あるいは中学1年生の女の子に、どんな暴言を吐いたかは知らないが、そうした嫌がらせにも耐えて、今やAKBGを代表する人気メンバーになったのは、やはりそれだけの逸材だったということだろう。

 ここで、秋元康プロデュースグループで、「ゴリ推し」と攻撃されながらも、楽曲センターをつとめたメンバーを振り返ってみたい。まずは、AKB48前田敦子。デビュー曲から、総選挙やじゃんけん大会といったセンターを賭ける企画で出た楽曲を除くほとんどすべての楽曲でセンターをつとめ上げたのが彼女である。未経験者を集めたAKB1期生とはいえ、芸能経験のあった者、あるいはスキルが高かった者は多かったのに、全くのど素人であった彼女がセンターになったのは、秋元氏というより、コレオグラファーの夏まゆみ氏の推薦だったという。当然(?)、他のメンバーのファンや、センター固定を嫌うファンからはバッシングを受け、総選挙ではライバルと言われた大島優子に負けることもあったが、自ら前にでて発言するタイプでもなかった彼女に関しては、他のメンバーや関係者の証言、あるいはドキュメンタリー映画などで、努力家で負けず嫌い、そして生真面目な一面が垣間見えるものの、総じて何を考えているかわからない、ミステリアスな面を魅力として、卒業を迎えた。

 その前田の対抗馬にされたのが、松井珠理奈だった。「10年に一人の逸材」と秋元氏から言われ、その、物怖じしない態度と、素直に感情を出す姿は、前田敦子とは正反対の明るい太陽のような爽やかさを感じさせた。しかし、周辺からのバッシング、あるいは重すぎる期待は、本人の様相以上につらかったのだろう。何度か体調を崩したりもしている。そして成長と共に、幼少期から死線を潜り抜けた侍の凄味のような悲壮感を身につけるようになってきた。

 さらに、NMBでは城恵理子というメンバーも「珠理奈を見たときと同じような衝撃を受けた」と秋元氏が語っており、2期生でありながら、NMBの選抜に抜擢され、ゆくゆくはNMBを背負う逸材と言われていた。しかしながら、彼女に対するバッシングが想像を超え、また彼女自身も成長して視野が広くなるにつれ、その重圧に耐えられなかったのだろう、中学卒業を機にNMBをも卒業することになる。その後、NMB初の出戻りという形で復帰しているが、デビュー当時の輝きを取り戻すには至っていない。

 HKTでは「第二の松井珠理奈だ」と秋元氏が太鼓判をおした田島芽瑠が、2期生でありながら、デビュー曲、セカンドシングルでセンターをつとめている。彼女も、2期生でありながら、1期生を押しのけてデビュー曲センター抜擢のインパクトが、予想以上の逆風になって襲い掛かったことが予想される。

 こうしてみると、秋元氏がセンターに抜擢、あるいは固定するメンバーというのは、スキルはともかく、今後の成長が見込めて、さらにそれを暖かいファンが見守る可能性を感じる少女であることがわかるのだが、松井珠理奈以降、あまり成功しているとは言えない。

 一度は卒業してしまった城、1期生のファンから目の仇のように叩かれ、自信を喪失しかけた田島、あるいは選抜センターではないが、次世代を担うメンバー育成ユニットであったはずの「てんとうむchu!」や「でんでんむchu!」からも、早々に卒業生が出ている。運営が才能を見つけ、期待したいと思うメンバーを、その実力を発揮する前につぶして喜ぶファンというのが存在し、彼らの声を喜んで拡散するサイトなどもあるのだ。

 推されるメンバーのメンタルが弱くなったという声もあるが、匿名のネットであることをいいことに、あることないことをねつ造して若い女の子を中傷し、つるし上げ、握手会などで説教をし、中身のない優越感を満足させたがる人間が、数は減らしつつも手口が悪質化しているという背景も見過ごしてはならない(関係者によると、本人だけではなく家族や知人の個人情報を漏らそうとする人間もいるそうだ)。

 こうした状況には運営も手を打っているが、島崎遥香のように「自分は若手が出てくるまでのつなぎだ」という姿勢を見せて、センターに固執しないように心がけたり、乃木坂生駒里奈のように、センターというより斬り込み隊長のような意識で、経験を周囲に伝えていく組織型のメンバーも増えている。

 現在、秋元氏が最も寵愛していると噂され、今回の4thシングルで4作連続のセンターに指名された欅坂46平手友梨奈は、どのような成長を遂げていくのだろうか?(潜水亭沈没)

関連キーワード生駒里奈AKB48欅坂46松井珠理奈

「音楽」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース