【注目銘柄】ニチモウは17年3月期利益予想の増額修正を好感して上放れ

2017年2月17日 10:36

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 ニチモウ<8091>(東1)に注目したい。水産品中心の食品事業、魚網・漁具を扱う海洋事業、惣菜加工機械などの機械事業を展開している。17年3月期第3四半期累計連結業績が大幅増益となり通期利益予想を増額修正した。さらに再増額の可能性が高いだろう。株価は増額修正を好感して急伸した。中段保ち合い上放れの形となって上値を試す展開が期待される。

 2月10日発表した17年3月期第3四半期累計(10~12月)連結業績は、売上高が前年同期比4.1%増の894億94百万円、営業利益が同57.4%増の22億05百万円、経常利益が同53.7%増の16億42百万円、そして純利益が同34.2%増の9億77百万円だった。

 食品事業では、すり身が低調だったが、カニが通販向けに好調に推移し、北方凍魚がホッケやアカウオの拡販で好調だった。海洋事業は底曳用漁具資材、海苔養殖用全自動乾燥機、魚類養殖用飼料・資材などが好調だった。機械事業は惣菜加工業界や豆腐加工業界向け大型プラント、海外食品工場向け生産設備が好調だった。増収効果で大幅増益だった。

 通期の連結業績予想は2月10日に利益を増額修正した。売上高は据え置いて前期比0.7%増の1100億円、営業利益は7億円増額して同19.3%増の20億円、経常利益は6億円増額して同12.7%減の12億円、純利益は2億円増額して同2.5%増の6億円とした。食品事業における北方凍魚の収益改善、機械事業における大型プラントなどが寄与する。

 修正後の通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高81.4%、営業利益110.3%、経常利益136.8%、純利益162.8%である。通期利益予想は再増額の可能性が高いだろう。

 株価は170円台でモミ合う展開だったが、増額修正を好感して急伸した。2月16日には190円まで上伸した。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなり、中段保ち合いから上放れの形となった。上値を試す展開が期待される。(MM)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】エルテスは続落も新サービス提供開始で成長可能性を見直し直近IPO株買いの再燃が有力(2017/01/06)
【株式評論家の視点】キャリアは「働き方改革」の推進で、アクティブシニアの就労機会を創出(2017/01/07)
【編集長の視点】スタジオアタオは反落も独自ビジネスモデルの高評価が続き直近IPO株買いで上値チャレンジ余地(2017/01/10)
【株式評論家の視点】アグレ都市デザインは価格以上の価値を顧客に提供できることが強み(2017/01/11)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告