東京為替:ドル・円は一時114円38銭、トランプ会見は調整を後押しとの見方

2017年1月12日 13:14

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:14JST 東京為替:ドル・円は一時114円38銭、トランプ会見は調整を後押しとの見方
ドル・円は一段安となり、一時114円38銭まで値を切り下げた。日経平均株価の下げ幅拡大が手がかりとなっているもよう。ある外為ストラテジストは、前日行われたトランプ米次期大統領の記者会見について「大統領選後の急激なドル高の調整を後押しする効果があった」と指摘。目先の114円割れを想定している。

ここまでのドル・円の取引レンジは114円38銭から115円51銭、ユーロ・円は121円38銭から122円24銭、ユーロ・ドルは1.0572ドルから1.0614ドルで推移した。《MK》

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告