運転中にビデオチャットアプリ使用で交通事故、被害者がApple提訴

2017年1月11日 16:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 運転中にiPhoneのビデオチャットアプリ「FaceTime」を使用していたドライバーが交通事故を起こしたとして、事故の被害者がAppleに対し損害賠償を求める訴訟を起こしたそうだ(BusinessNewslineGuardianABC News)。

 この事故は2014年12月24日に米サンタクララで起きたもので、被害者はこの事故で5歳の娘を亡くしている。被害者側はAppleがFaceTimeを運転中に使わせないようにする特許を持っているにも関わらず製品にはこの機能を導入していなかったと主張、これによって事故が引き起こされたとしてAppleにも事故の責任があるとしている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 法廷 | アップル | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
日本でも「ポケモンGO」絡みの交通事故やトラブルなどが話題に 2016年07月26日
「運転中に携帯を使っていたか」を検知するテクノロジー 2016年04月23日
運転中のSiri利用は危険なのか 2013年05月02日
iPhoneなどGPS機能、運転中の利用にはご注意を 2009年09月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPhone特許

関連する記事

「アップル(Apple)」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース