総選挙対策「穏健な政治勢力連携に全力」、民進・野田幹事長

2017年1月10日 22:58

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民進党の野田佳彦幹事長は10日のブログで、「2017年、選挙イヤーを迎える」とし、日本においても衆院・解散・総選挙について「早ければ2月、遅くとも年末までには行われるのではないか」と年内解散は濃厚との見方を示した。

 野田幹事長は「特に、衆院選の場合は日本も偏狭なナショナリズムに陥ることのないよう、安倍政権に対抗して穏健な政治勢力が連携しなければならない。その実現に全力を尽くすことを年頭に誓いたい」と発信した。この書き込みからは、野田幹事長の頭に自由・社民との連携、共産とはできる限り協力の範囲での距離感が透けてみえる。

 選挙イヤーとしては、国内では総選挙以外に、野田幹事長の地元、千葉県で3月に知事選、6月に船橋市長選などがあるとし、夏には東京都議選も実施されると列記した。世界では4月~5月にフランス大統領選挙、秋にドイツ連邦議会選挙などを迎えることにも触れていた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
攻める年にしたい 蓮舫代表
酉年は必ず大きく政界が動く年と思う 蓮舫代表
岩肌に爪立て、よじ登る覚悟必要な年と野田氏
『改憲元年』阻止、活憲運動に全力 吉田党首
現行憲法を生かす政治へ「安倍改憲に大儀なし

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連する記事

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース