ヘッドハンターの求職者情報収集方法、最多は「人からの紹介」

2017年1月8日 21:18

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

市場調査・コンサルティング会社のシード・プランニングは、求職者とヘッドハンターの転職サイト利用動向調査を行い、ヘッドハンターの利用動向調査結果をまとめた

市場調査・コンサルティング会社のシード・プランニングは、求職者とヘッドハンターの転職サイト利用動向調査を行い、ヘッドハンターの利用動向調査結果をまとめた[写真拡大]

写真の拡大

 市場調査・コンサルティング会社のシード・プランニングは、求職者とヘッドハンターの転職サイト利用動向調査を行い、ヘッドハンターの利用動向調査結果をまとめた。

 それによると、ヘッドハンターの求職者情報収集方法として一番多いのは「人からの紹介」。次いで多いのが転職サイトの利用で、「成功報酬型転職サイト」、「定額制転職サイト」が多く利用されていることがわかった。

 また、ヘッドハンターが探すことが多い人材は、部長級以上・課長級の管理職や営業・会計・財務・人事や製造・IT系などの特化した人材が多い。英語レベルの高い求職者を探すことも多いということがわかった。

 ヘッドハンターに多く利用されている転職サイトトップ3は、ビズリーチ、エン転職、リクナビNEXTとなった。以下、マイナビ転職、日経キャリアNEXTと続く。

 ヘッドハンターが利用する転職サイトの評価は、探す人材の内容によって分かれる。管理職(部長級以上、ないしは、課長級)を探す場合の評価トップ3は、ビズリーチ、リクナビNEXT、エン転職。営業、会計、財務、人事などに特化した人材を探す場合の評価トップ3は、リクナビNEXT、ビズリーチ、エン転職。製造、IT系など特定の業種に特化した人材を探す場合の評価トップ3は、リクナビNEXT、ビズリーチ、@typeだった。(編集担当:慶尾六郎)

■関連記事
過去1年間に介護離職者が724社で発生 将来的に介護離職者が増えると考えている企業は約7割も
住まい・社会人学習・進学・美容など8領域 2017年のトレンド予測
職場定着促進には積極的な相談体制を 「精神障がい者雇用に関するアンケート調査」より
大卒就職者の3割が3年以内に離職、高卒は4割
35歳以上の68%、「今ある仕事がAIに奪われる」をポジティブに

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードシード・プランニング

関連する記事

「雇用・就職・労働」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース