後場に注目すべき3つのポイント~短期筋の売り仕掛けあれば、押し目拾いで対応

2017年1月5日 12:22

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:22JST 後場に注目すべき3つのポイント~短期筋の売り仕掛けあれば、押し目拾いで対応

5日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・短期筋の売り仕掛けあれば、押し目拾いで対応
・ドル・円は116円36銭付近、ドル・円は弱含み、日本株安を嫌気
・コナミ、富士通など7社の目標株価変更


■短期筋の売り仕掛けあれば、押し目拾いで対応


日経平均は反落。49.46円安の19544.70円(出来高概算10億株)で前場の取引を終えた。米株高の流れを受けて19600円に乗せて始まった。ただ、その後は円相場が1ドル116円台半ばと朝方から円高に振れて推移しているなか、前日の大幅な上昇に対する利益確定の流れに。ただ、下を売り込む流れにもならず、日経平均は19550円を挟んでのこう着となっている。

セクターでは鉱業、金属製品、非鉄金属、鉄鋼、ゴム製品、ガラス土石、パルプ紙、機械が下落。一方で、情報通信、空運、医薬品、保険、サービス、小売が小じっかり、売買代金上位ではソフトバンクG<9984>、日立<6501>、東芝<6502>、シャープ<6753>が上昇。半面、任天堂<7974>、トヨタ自<7203>、富士重<7270>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>が冴えない。

日経平均は寄付き後に19615.40円まで上げ幅を拡大させたが、ファーストリテや自動車、ハイテク株の一角に利益確定の動きが見られている。一方で、ソフトバンクGなど通信の一角や医薬品などが堅調であり、リバランスの動きといったところであろう。日経平均は週足ベースの価格帯別出来高で商いが膨れている水準での推移であり、強弱感が対立しやすい水準でもあろう。ただ、19500円処での底堅さが意識されているため、売り込みづらいところである。

TOPIXはプラスで終えていることもあり、日銀のETF買い入れは期待しづらいところ。短期筋の売り仕掛け的な動きが出てくる可能性がありそうだが、調整が強まる局面では押し目を拾いたいところであろう。


(株式部長・アナリスト 村瀬智一)

■ドル・円は116円36銭付近、ドル・円は弱含み、日本株安を嫌気


5日午前の東京外為市場では、ドル・円は弱含み。日本株の下落を背景にドル売りが強まった。ドル・円は、前日NY市場のドル売りの流れを受け継ぐ格好となった。朝方117円43銭を付けた後、日経平均株価の反落を手がかりに117円を割り込み、一時116円31銭まで下落。

ランチタイムの日経平均先物は下げ幅をやや拡大しており、目先の日本株安を見込んだドル売り・円買いが続いているようだ。

ただ、明日発表の米12月雇用統計を見極めたいムードが広がっており、株価が下げ止まればドルは116円台を大きく割り込む展開は想定しにくい。

また、今日発表された中国の12月財新サービス業PMIは前回を上回る高水準となり、リスク回避的な動きを弱めそうだ。

ここまでのドル・円の取引レンジは116円31銭から117円43銭、ユーロ・円は、122円48銭から123円12銭、ユーロ・ドルは1.0481ドルから1.0541ドルで推移した。

12時20分時点のドル・円は116円36銭、ユーロ・円は122円45銭、ポンド・円は143円46銭、豪ドル・円は84円86銭で推移している。


(為替・債券アナリスト 吉池威)

■後場のチェック銘柄


・コナミ<9766>、富士通<6702>など7社の目標株価変更

・リネットジャパン<3556>、サイジニア<6031>など5社がストップ高

※一時ストップ高(気配値)を含みます

・ウチヤマHD<6059>、ランチタイムに12月度の月次業績を発表

・小林洋行<8742>、ランチタイムに12月の月間売買実績(速報値)を発表

・ナノキャリア<4571>、NC-6300(エピルビシンミセル)について、第I/II相臨床試験に関する治験計画届出書を、FDAに提出したことを発表

・安倍首相
「新しい時代にふさわしい憲法はどんな憲法か議論を深め、形作っていく年にしたい」

☆後場の注目スケジュール☆


<国内>
・12:45 10年国債入札の結果発表


<海外>
・特になし《WA》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース