パテントトロールの所有する「悪しき特許」に対抗するクラウドファンディングサービス

2016年9月22日 13:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 米国で本来は存在しないはずの特許を無効にするためのクラウドファンディング・プラットフォーム「Unpatent」が登場した(Slashdot)。

 Unpatentは、パテントトロールが所有する「思いつきレベル」で登録された特許に対して、その特許が新規ではないという証拠を見つけ、請求を無効にすることを目的にしているという。スローガンとして「私たちの使命は、再び、人類のための技術革新の仕事をすること」を掲げている模様。創業メンバーにはビットコインのブロックチェーンを開発したLuis Ivanなどがいる

 従来こうした作業を行うには、先行した特許に関する証拠を見つけた上で、米国特許商標庁(USPTO)に対して再審査に関する膨大な手続きを取る必要があった。Unpatentではクラウドファンディングで集めた資金を使い、証拠の提出から事務手続きまでを代行するという。再審査には通常5か月前後の時間が掛かるとされている。

 現在同サイトでは「月間最も愚かな特許」の賞に輝いたビジネスメールを送る特許「US8738435」をターゲットにしたキャンペーンが行われている(キャンペーンページEFF)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | パテント | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
「HTTPSを利用しているWebサイトは特許侵害」と主張するパテントトロル 2015年12月03日
米バーモント州政府、悪質な「パテントトロール」に対し行政訴訟を行う 2013年05月27日
米 Rackspace、「GitHub が特許侵害をしている」として訴えられる 2012年10月09日
Apple、プレイリストに関する特許裁判で敗訴。800万ドルの支払い命令 2011年07月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ米国クラウドファンディングEFF(電子フロンティア財団)特許パテントトロール

「知的財産権」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース