超音波を使ったシカ用踏切、近鉄が開発

2016年8月22日 21:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 近畿日本鉄道(近鉄)が電車とシカの接触事故を防ぐため、超音波を使った踏切のようなシステムを開発した(時事通信Jタウンネット)。

 このシステムは、線路脇に設置した防護ネットの一部に隙間を空け、そこに超音波発生器を設置したもの。電車が通過する際はシカが嫌う超音波を発生させることでシカが近づくことを防ぎ、それ以外はシカがその隙間部分を横断できるようにする仕組み。近畿日本鉄道では年間300件のシカとの接触事故があったそうだが、設置後は今のところ事故は起きていないという。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
通過駅でホームから下りた男性が新幹線にはねられる死亡事故が発生 2016年06月02日
JR西、亀による列車輸送被害を防ぐ技術を開発 2015年11月25日
世界初、鹿の線路への侵入を防ぐ鉄分入り誘鹿剤 2015年10月14日
秋田放送記者が秋田新幹線を緊急停止させた件のお詫び告知が話題に 2013年03月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース