2016年3月22日 15:06

小

中

大

印刷

専用ケースに収めた遺灰をフィギュアの中に埋め込む。(写真:ロイスエンタテインメントの発表資料より)

専用ケースに収めた遺灰をフィギュアの中に埋め込む。(写真:ロイスエンタテインメントの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「遺フィギュア(遺人形)製作サービス」では、生前の写真1枚から3Dデータを作成し、3Dプリンターでフルカラーフィギュアを出力する。(写真:ロイスエンタテインメントの発表資料より)

 ロイスエンタテインメント(大阪市中央区)は22日、故人の生前の写真をもとに、遺灰を内部に収めたフィギュアを制作する「遺灰フィギュア」を提供開始すると発表した。

 今回の「遺灰フィギュア」は、生前の写真1枚から3Dデータを作成し、3Dプリンターでフルカラーフィギュアを出力するという「遺フィギュア(遺人形)」の新サービスとして提供するもの。単3電池程度の大きさの専用ケースに遺灰を収め、同ケースを故人の写真から制作するフィギュアの中に埋め込む。

 同社によると、「遺フィギュア(遺人形)」は、「亡くなった人は戻ってこないが、別のカタチで蘇らせることができたら」という遺族の想いを受け、昨年7月にサービスを開始したという。

「消費者向け製品・サービス」の写真ニュース

ベンチャー・中小企業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース