2016年3月10日 18:34

小

中

大

印刷

CLARITY FUEL CELL (本田技研工業の発表資料より)

CLARITY FUEL CELL (本田技研工業の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • CLARITY FUEL CELL (本田技研工業の発表資料より)
  • CLARITY FUEL CELL (本田技研工業の発表資料より)

 ホンダは10日、新型燃料電池自動車(FCV)「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」を発売した。

 「CLARITY FUEL CELL」は、独自の技術により燃料電池パワートレインの小型化を図り、ボンネット内に搭載することでセダンタイプのFCVとして世界で初めて15人乗りを実現した。また、70MPaの高圧水素貯蔵タンクを搭載し、一充填走行距離(参考値)を従来比で約30%延ばしてゼロエミッションビークルで世界トップクラスの約750kmを達成した。

 全国メーカー希望参考小売価格は 766万円(税込)。

関連する記事

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース