2016年3月9日 18:28

小

中

大

印刷

慶應義塾大学の渡辺茂名誉教授と麻布大学の菊水健史教授らは、オスのマウスが他のマウスの性行動のビデオを見たがることを実験で確認した。(写真:慶應義塾大学と麻布大学の発表資料より)

慶應義塾大学の渡辺茂名誉教授と麻布大学の菊水健史教授らは、オスのマウスが他のマウスの性行動のビデオを見たがることを実験で確認した。(写真:慶應義塾大学と麻布大学の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 慶應義塾大学の渡辺茂名誉教授と麻布大学の菊水健史教授らは、オスのマウスが他のマウスの性行動のビデオを見たがることを実験で確認した。ヒト以外の動物が他個体の性行動を見ることを好むことが確認されたのは初めてという。

 マウスはあまり視覚を利用していないのではないかと考えられていたが、2006年にカナダの研究者たちが、マウスは他個体の苦痛を視覚的に認知することを報告した。さらに渡辺教授は、2011年と2013年にマウスがタッチパネルを使ってピカソとモネの絵、カンディンスキーとモンドリアンの絵を区別することや、マウスが他個体の状態に基づく共感や嫉妬に類似した行動を示すことを報告している。

 今回の研究では、3つの区画を用意し「中性行動」(2個体が一緒にいるビデオ)、「性行動」、「闘争行動」のビデオをオスマウスに見せ、滞在時間を調べる実験を行った。その結果 、マウスは「中性行動」よりは「性行動」、「中性行動」よりは「闘争行動」、そして「性行動」よりは「闘争行動」のビデオが見られる区画に長く滞在することが明らかになった。この実験結果は、人間固有と思われてきた他者の性行動を見たがるということが、ヒト以外の動物でも認められたことになる。

 人間のポルノ耽溺(長時間インターネットでポルノを見る問題行動)は、これまで適切な動物モデルがないため基礎研究ができなかったが、研究チームは今回の成果がこうした研究のための動物モデルになる可能性があるとしている。

 研究チームは今後、マウスに好まれる性行動の特徴や、この選好が性ホルモンの支配を受けるかどうか、メスではどうなるか、未成熟個体ではどうなるかなどを調べていく予定となっている。

 なお、この内容は「Animal Cognition」に掲載された。論文タイトルは、「Preference for and discrimination of videos of conspecific social behavior in mice」。

関連する記事

「自然環境・動植物」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース