2016年2月15日 11:34

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■今年1月にかけて3倍高の相場を演じた直後で値幅調整一巡など注視

 アパマンショップホールディングス<8889>(JQS・売買単位100株)は15日の前場、11時過ぎからストップ高の993円(150円高)に張り付く展開となり、値上がり率は17.8%で前週末までの続落基調から大幅な反発となった。昨年11月頃から「民泊」関連株として活況高となり、東京都大田区が12日「民泊条例」に基づく初の認定書を宿泊旅行サイト運営会社「とまれる」(東京・千代田区)に交付したと伝えられ、関連株人気が再燃したようだ。

 昨年11月中旬までの500円前後から今年1月7日には1642円まで上げて2008年以来の高値に進んだ。3倍高の相場を演じた直後のため調整は当然との見方があり、本日は上げ幅の3分の2押しの水準を下値に出直ったため値幅調整に一巡感が出るかどうか注目されている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【どう見るこの相場】大量売却の個人投資家の行方(2016/01/16)
高値圏での保合い相場こそ最大の注意が必要=犬丸正寛の相場格言(2016/01/16)
【作家・吉田龍司の歴史に学ぶビジネス術】『ラ・マンチャの男』とともに苦難を乗り越えよう、大暴落と『ドン・キホーテ』の風車(2016/01/19)
【狙い場・買い場】ピックルスは原料の野菜価格下落で利益押し上げ、2月期末一括15円配当(2016/01/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング