三菱電機、無線LANと音波で低コストの位置検出システムを開発

2016年2月12日 18:04

小

中

大

印刷

駐車場での開発システムの利用例イメージ(写真:三菱電機発表資料より)

駐車場での開発システムの利用例イメージ(写真:三菱電機発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 三菱電機は12日、無線LANと音波による測位を組み合わせて誤差1メートル以内で位置を検出できるシステムを開発した発表した。2017年4月の実用化に向けアプリケーション開発を進めていくという。

 GPSの電波が届かない地下駐車場での駐車位置までのナビゲーションや倉庫での物流管理など、さまざまなシーンでの利便性が向上する。位置検出したい対象物とその周辺の複数の無線LAN基地局との間で音波を往復させ、その伝達時間から対象物の位置を特定するという。

 スマートフォンを用いて、広い駐車場などでの駐車位置検出も可能になる。駐車したら、スマホに駐車位置を記憶させておくと、駐車位置を検出し駐車位置までの案内が可能になる。(阪木朱玲)

関連する記事

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース