【銘柄フラッシュ】アンジェスMGが急伸し出光興産などの原油ダメージ株は反発

2016年2月3日 16:52

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

3日は、米WTI原油先物の再び急落5.5%安、NYの大幅安などが伝えられた中で、13時に通期業績予想の赤字転換などを発表したJXホールディングス<5020>(東1)が・・・。

3日は、米WTI原油先物の再び急落5.5%安、NYの大幅安などが伝えられた中で、13時に通期業績予想の赤字転換などを発表したJXホールディングス<5020>(東1)が・・・。[写真拡大]

写真の拡大

 3日は、米WTI原油先物の再び急落5.5%安、NYの大幅安などが伝えられた中で、13時に通期業績予想の赤字転換などを発表したJXホールディングス<5020>(東1)が値戻しを強めて大引け3.4%高となり、昨日四半期決算を発表した出光興産<5019>(東1)は5.7%高など、原油安の影響を受けてきた銘柄にアク抜け感の兆しが見られた。

 ブイキューブ<3681>(東1)は日本マイクロソフトとの協業などが好感され、前後場とも気配値のままストップ高を続けて大引けにストップ高の16.7%高で売買成立。レンゴー<3941>(東1)は昨日発表の四半期決算が好感されて15.4%高、GSユアサコーポレーション<6674>(東1)も昨日発表の四半期決算が好感されて11.4%高。東亜DKK<6848>(東1)昨日発表の四半期決算が好感されて10.6%高。

 日本パワーファスニング<5950>(東2)は類似銘柄とされるケー・エフ・シー<3420>(東2)の四半期決算での大幅増益を受けて連想が強まったとの見方があり急伸22.7%高。

 「中南米などでの感染拡大が懸念される「ジカ熱」関連株は活況で物色の裾野も広がり、ニックス<4243>(JQS)は蚊による感染防止の検知から防虫樹脂が注目されて大幅続伸の21.0%高。昼過ぎに米テキサス州で性的接触による感染例を確認と伝えられて不二ラテックス<5199>(JQS)が急動意となり8.8%高、相模ゴム工業<5194>(東2)も後場上値を追い4.8%高。連日活況高のアゼアス<3161>(東2)は朝方急伸後は売買交錯が続く4.6%高。

 アンジェスMG<4563>(東マ)は引き続き糖尿病などが原因で発症する「重症虚血肢」治療薬などへの期待が強く、一時3日連続ストップ高の21.5%高となり大引けも21.4%高。ジェイテック<2479>(JQG)は特許取得を発表しており25.3%ストップ高。ジーンテクノサイエンス<4584>(東マ)はホームページに「バイオシミラー事業の新たなステージへ」と題する社長メッセージが載り注目されたとされて13.0%高となった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
アンジェスは前日のストップ高に続いて76円高、遺伝子治療薬登場で相場付一変、過去4ケタ実績も(2016/02/03)
「ジカ熱」懸念広がり防虫樹脂のニックスが急伸23%高(2016/02/03)
【話題株】アンジェス MGストップ高、日経の遺伝子治療薬報道で次世代医療最有望銘柄としての評価一気にアップ(2016/02/01)
ジェイテックの第3四半期は技術者需要が増加し、稼働率も高く堅調であった(2016/02/02)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース