【銘柄フラッシュ】「マイナス金利」で東急不動産など急伸し銀行株は軒並み安い

2016年1月29日 17:13

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 29日は、後場寄り前後に日銀が日本の金融政策史上初の「マイナス金利」を導入と伝わり、東急不動産<3289>(東1)は不動産株の中でも借入金の割合が大とされて大引けは14.7%高、住友不動産<8830>(東1)は11.9%高など、不動産株が軒並み急伸し、オープンハウス<3288>(東1)も10.8%高など住宅関連株も軒並み急伸した。

 ただ、急伸した銘柄の大半は、後場寄り後に急騰したあと上げ幅をほとんど吐き出すような急落となり、その後に再び上げる波乱の展開となった。日経平均も上下に800円以上動き、後場寄り後に597円高のあと13時30分にかけては274円安となり、大引けは476円高。個人投資家の注文が殺到したようで、一部ネット証券の売買画面では個別銘柄の分足チャートに欠落がみられるなど、表示が不安定になる場面もあった。

 「マイナス金利」の副作用が懸念されて大手銀行株が全面安となり、三菱UFJフィナンシャル・グループ(三菱UFJFG)<8306>(東1)は一時8.8%安となり昨年来の安値を更新し、大引けは2.8%安。ゆうちょ銀行<7182>(東1)は一時10.0%安まで下げ、大引けは6.7%安。

 一方、ボルテージ<3639>(東1)は28日に発表した四半期決算の大幅増益などが好感されてこのところのゲーム株人気にも乗り9.5%高。同じくドリコム<3793>(東マ)は朝方からストップ高の16.5%高を継続。エクストリーム<6033>(東マ)は人気ゲームの中国やアジア諸国への展開の発表などでストップ高の20.6%高。

 理経<8226>(東2)は「ドローン」関連株人気が再燃の兆しとされて33.1%ストップ高。ぷらっとホーム<6836>(東2)は「IoT」最新製品を省エネ・新エネ総合展示会に出展とされて大幅続伸の22.1%高。

 AppBank<6177>(東マ)は過日の横領事件に対応する調査報告の発表などが好感されてストップ高の21.4%高。AMBITION(アンビション)<3300>(東マ)は居住用不動産関連事業が「民泊」関連とされ、東京・大田区が全国で「民泊」事業者の受付を開始と伝えられて連想が働いたようで急伸20.5%高。インベスターズクラウド<1435>(東マ)は賃貸経営関連サイトで連想が働いたようでストップ高の19.3%高。

 プロパスト<3236>(JQS)は「マイナス金利」の恩恵などが連想されてストップ高の33.6%高。ネクストジェン<3842>(JQG)は総務相による通信速度100倍を目指す検討などが材料とされてストップ高の26.6%高。同様に構造計画研究所<4748>(JQS)は13.6%高となった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【アクセスランキングで読む株式投資】日間・週間・月間の人気記事は?(2016/01/01)
【狙い場・買い場】キリン堂は4ケタ割れで利益下振れ懸念織り込む、仮に下振れてもなお大幅増益(2016/01/25)
ダレルを買うが投資の極意=犬丸正寛の相場格言(2016/01/23)
【小倉正男の経済羅針盤】アメリカの利上げと円高(2016/01/25)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース