アノニマス、KKKに対する大規模なサイバー攻撃などを実施

2015年11月11日 13:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ハッカー集団「アノニマス」が、米国の白人至上主義団体「KKK」に対しサイバー攻撃を行っているという(TechCrunchThe Pageハフィントンポスト)。

 発端となったのは、KKKが「アノニマスメンバーの友人に嫌がらせをした」ことだとされている。また、2014年に米ミズーリ州で黒人青年が白人警官に射殺された事件で、これに抗議する人たちに対しKKKが脅迫を行ったこともKKKに対する攻撃の理由とされている。

 今回のサイバー攻撃ではKKK関連サイトが攻撃を受けているほか、身元を隠しているKKKメンバーの情報を公開するといった声明も出されている。

 これに対し、アノニマスに対する懸念の声もあるようだ。2014年にはアノニマスのメンバーによって「黒人青年射殺事件の責任者だ」とされた無関係の人物に多数の脅迫が行われるという事件があったほか、「KKK支持者である」として公開されたリストからは公開後一部情報が削除されており、その真偽が問われている。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | ニュース | アナウンス | プライバシ

 関連ストーリー:
Anonymous、今度は毎日新聞のサイトを攻撃? 2015年11月05日
ASCII.jpがサイバー攻撃を受けてアクセス不能に 2015年10月27日
「ガイ・フォークスの仮面」で強盗、「アノニマス仮面で強盗」などと報じられる 2015年02月26日
ハッカーグループ「アノニマス」がイスラム過激派への報復を宣言 2015年01月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース