【アナリスト水田雅展の銘柄分析】アライドテレシスHDは下値固め完了感、サイバーセキュリティ関連のテーマ性

2015年6月24日 08:50

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 アライドテレシスホールディングス <6835> (東2)はネットワーク機器を中心に総合ITソリューションを展開している。株価は安値圏でモミ合う展開だが、下値固め完了感を強めている。15年12月期赤字予想の織り込みが完了して反発展開が期待される。サイバーセキュリティ関連のテーマ性も注目点だ。

 世界23カ国・40連結子会社を統括する純粋持株会社で、ネットワーク関連機器およびソリューションの企画・開発・製造・販売・保守事業などを展開している。さらにネットワーク機器メーカーからITインフラ・スペシャリストへのシフトを目指し、総合ITソリューションおよびサービスの提供を強化している。

 14年12月に新SDNソリューションの開発を発表した。ストラトスフィア、ラクラス、クオリティソフト、トレンドマイクロ <4704> 、インターネットイニシアティブ(IIJ) <3774> と連携し、ネットワーク運用管理効率化とセキュリティー強化を実現する新しいコンセプトのソリューションとしている。販売開始は15年12月期第2四半期(4月~6月)で自治体・文教・医療市場を中心に販促活動を強化する方針だ。

 15年1月にはイスラエルに子会社アライドテレシスワイヤレスを設立するとともに、子会社アライドテレシス開発センターの社名をアライドテレシス総合研究所に変更した。

 15年2月には当社のGbEソリューションが、米国最速インターネットサービスプロバイダ(ISP)であるグラント・カウンティ・パブリック・ユーティリティのウルトラ・ブロードバンド・アクセスネットワークに選定されたと発表している。

 15年3月には、米バーノン・テレフォン・コオペラティブ(VTC)社と連携して、ギガビットネットワークの展開を進めていると発表した。米VTC社は集中管理型マルチメディアホームサービスを提供する通信プロバイダで、米国の過疎地でギガビットネットワークを実現している。

 15年4月には、最先端のセンサー・テクノロジーと、脅威を検出して可視化するダッシュボード機能(監視コンソール)を統合した、新たな統合監視ソリューション「Envigilant(エンビジラント)」の開発を発表した。

 また次世代型ファイアウォールの新製品UTM&VPNルーターに、英Kaspersky Labのアンチマルウェア/ウィルス対策エンジンを搭載して、セキュリティー・ソリューションを提供すると発表した。

 今期(15年12月期)の連結業績予想(2月13日公表)は売上高が前期比11.2%増の336億円、営業利益が5億40百万円の赤字(前期は18億43百万円の赤字)、経常利益が7億円の赤字(同3億67百万円の赤字)、純利益が16億円の赤字(同39億54百万円の赤字)としている。配当予想は無配を継続する。想定為替レートは1米ドル=120円としている。

 地域別売上高計画については、日本が同6.7%増の159億円、米州が同15.9%増の75億円、EMEA(欧州、中東、アフリカ)が同12.7%増の68億円、アジア・オセアニアが同20.6%増の34億円としている。

 ソリューション販売強化と付加価値サービス拡充、グローバル製品統一とユニファイド化促進による売上拡大、生産・ロジスティクス・販促・販売の効率化、主力テクノロジー絞り込みによる研究開発センターの機能統合推進、選択と集中による開発リソースの効率化、人材リソースの最適配分などを推進して営業損益の改善を図る方針だ。純利益は減損損失一巡も寄与して赤字幅が縮小する見通しだ。

 第1四半期(1月~3月)は売上高が前年同期比7.8%増の63億65百万円で、営業利益が13億98百万円の赤字(前年同期は15億50百万円の赤字)、経常利益が15億13百万円の赤字(同18億52百万円の赤字)、純利益が16億25百万円の赤字(同17億63百万円の赤字)だった。

 米州での販売が好調に推移し、円安も寄与して増収だった。利益面では、イスラエル子会社の設立や為替変動の影響による研究開発費の増加などで営業赤字が残ったが、ソリューション販売の強化や価格改定効果などで売上総利益率が同2.3ポイント改善し、営業赤字幅が縮小した。円安も追い風として通期ベースでも赤字幅の縮小が期待される。

 株価の動きを見ると、2月の急落後は安値圏75円近辺でモミ合う展開が続いている。ただし2月の安値70円まで下押すことなく下値固め完了感を強めている。15年12月期赤字予想の織り込みが概ね完了したようだ。

 6月23日の終値76円を指標面で見ると、前期実績PBR(前期実績の連結BPS51円79銭で算出)は1.5倍近辺である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線が下向きから横向きに転じて下値固め完了感を強めている。15年12月期赤字予想の織り込みが完了して反発展開が期待される。サイバーセキュリティ関連のテーマ性も注目点だ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
メドピアは反落も新規業務提携などを見直し下値には下げ過ぎ訂正買いが続く(2015/06/12)
「常在戦場」の政局イベントの転び方次第で「まさか」の選挙関連株に材料株人気が浮上の展開も=浅妻昭治(2015/06/15)
【チャート診断】積水ハウスは26週線との乖離拡大で短期調整の展開、業績よく押し目買い(2015/06/15)
【編集長の視点】インターワークスは連続最高業績の再評価を改正労働者派遣法採決がフォローし急反発(2015/06/16)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース