トプコン、米国の精密農業向けシステムメーカーを買収

2015年3月21日 14:49

小

中

大

印刷

Digi-Star社の技術とトプコンの衛星測位システム(GNSS)を融合させる(トプコン発表資料から)

Digi-Star社の技術とトプコンの衛星測位システム(GNSS)を融合させる(トプコン発表資料から)[写真拡大]

写真の拡大

 トプコンは20日、アメリカの精密農業向けシステムメーカー「Digi-Star Investments, Inc.」(Digi-Star社)の全株を取得したと発表した。取得費用は1億3,300万ドル(約166億円)。

 Digi-Star社は、アメリカ・ウィスコンシン州フォートアトキンソンに本社を置く企業で、従業員数220名。アメリカとヨーロッパで、農業や産業機器用マシンコントロールユニット、センサー、精密ロードセル及びデータ管理ソフトウェアなどを開発、販売している。

 トプコンでは今後、Digi-Star社の技術と同社の衛星測位システム(GNSS)を融合させ、管理システムやソリューションを提供することで、 Internet of Things(IoT)農場サービスを推進するとしている。また、家畜・収穫物用の重量センサー、飼料・肥料の品質測定用の赤外線センサーをすべての農作業プロセスに導入し、データを統合クラウドソフトウエアで管理・分析可能なシステムを展開していくという。(松本 茂樹)

関連する記事

「農林水産」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース