社内SNS「Beat Shuffle」、iOS、Androidネイティブアプリを23日から提供

2015年3月18日 14:39

小

中

大

印刷

社内SNS「Beat Shuffle」アプリの利用時の画面イメージ(写真:ビートコミュニケーション発表資料より)

社内SNS「Beat Shuffle」アプリの利用時の画面イメージ(写真:ビートコミュニケーション発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ビートコミュニケーションは、社内SNS「Beat Shuffle」のiOS、Androidネイティブアプリを3月23日に提供開始する。対応OSは、iOS 7.x以降、Android 4.0.x以降(720x1280以上の解像度)。

 昨今、FacebookやTwitter、LINEなどコンシューマ向けSNSの利用がPCからスマートフォンアプリ主体へと変化。社内SNSにおいてもスマートフォンアプリでの活用ニーズが急速に増加している。

 新アプリの主の特徴は、「プッシュ通知で情報共有のタイムロスを解消」、「ログインの手間を解消」、「洗練されたユーザインターフェイス」、および「企業のセキュリティポリシーにアジャストできる配布方法を採用」の4つである。

 「プッシュ通知で情報共有のタイムロスを解消」では、自分への情報が投稿される情報がプッシュ通知で受け取ることが可能。伝えたい相手と情報を確実に共有できる。「ログインの手間を解消」で毎回のID、パスワード入力が不要でログインへの手間が解消される。

 「洗練されたユーザインターフェイス」で直感的な操作を可能にしている。「企業のセキュリティポリシーにアジャストできる配布方法を採用」とは、iOSアプリ配布で、社員へ直接アプリケーションを配布することを可能にしたことである。

 主な機能として、「つぶやき機能(タイムライン)」、「コミュニティ機能」、「プッシュ通知機能」、および「キーワード検索機能」などがある。(阪木朱玲)

「iOS / android アプリ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース