日産、自転車シェアリング事業で100%電気トラックを実証運行

2015年3月17日 04:18

小

中

大

印刷

100%電気トラック「e-NT400テストトラック」モニター車(写真:日産発表資料より)

100%電気トラック「e-NT400テストトラック」モニター車(写真:日産発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 日産は16日、100%電気トラック「e-NT400テストトラック」の実証運行を、千代田区のコミュニティサイクル事業実証実験「ちよくる」内で開始すると発表した。

 「ちよくる」とは、ドコモが、2014年10月から実施している千代田区のコミュニティサイクル事業実証実験の名称。「ちよくる」プログラムで、同社が貸与する「e-NT400テストトラック」のモニター車が、千代田区内全域に配置されている約30カ所のサイクルポート(自転車の貸出・返却拠点)間で、次世代コミュニティサイクルシステムを搭載した自転車の再配置運営に活用される。期間は2カ月間。

 100%電気トラック「e-NT400テストトラック」は、小型トラック「アトラス」をベースの電気自動車(EV)で、将来の量産化が予定されている。

 排ガスを一切出さないことから、都心部のエンジン車乗り入れ制限のあるエリアにも入っていけるほか、低騒音であることから、深夜の時間帯でも運行しやすい。さらには、80kWの電動モーターと高出力・大容量のリチウムイオンバッテリーにより、振動が少なくスムーズな加速と乗り心地を実現している。

 今回、100%電気で走行する「e-NT400テストトラック」を使用することで、サイクルシェアリング事業全体における、さらなるCO2削減効果が期待できる。同社は、今回の実証運行で得られたデータをもとに、走行性能や充電の運用などに関する検証を進め、今後の開発に生かすという。(阪木朱玲)

「HV・EV・FCV・エコカー」の写真ニュース

環境・エコの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース