2015年2月12日 18:05

小

中

大

印刷

ランニングを音楽再生や音声アドバイスでサポートするウエラブルタイプのスポーツデバイス「Smart B-Trainer」(写真提供:ソニー)

ランニングを音楽再生や音声アドバイスでサポートするウエラブルタイプのスポーツデバイス「Smart B-Trainer」(写真提供:ソニー)[写真拡大]

写真の拡大

  • ランニングを音楽再生や音声アドバイスでサポートするウエラブルタイプのスポーツデバイス「Smart B-Trainer」(写真提供:ソニー)
  • ランニングを音楽再生や音声アドバイスでサポートするウエラブルタイプのスポーツデバイス「Smart B-Trainer」(写真提供:ソニー)
  • ウエラブルタイプのスポーツデバイス「Smart B-Trainer」の結果表示画面(グラフ)イメージ(写真提供:ソニー)
  • ウエラブルタイプのスポーツデバイス「Smart B-Trainer」の履歴表示画面イメージ(写真提供:ソニー)
  • ランニングを音楽再生や音声アドバイスでサポートするウエラブルタイプのスポーツデバイス「Smart B-Trainer」(写真提供:ソニー)
  • ランニングを音楽再生や音声アドバイスでサポートするウエラブルタイプのスポーツデバイス「Smart B-Trainer」(写真提供:ソニー)

 ソニーは12日、ランニングを音楽再生や音声アドバイスでサポートするウエラブルタイプのスポーツデバイス「Smart B-Trainer(スマートビートレーナー)」を3月7日より発売すると発表した。オープン価格。

 Smart B-Trainerは、耳に装着するヘッドホン一体型のスポーツデバイス『SSE-BTR1』とランニングログをスマートフォンで管理し、トレーニングメニューを選択できるアプリ『Smart B-Trainer for Running』で構成されている。

 『SSE-BTR1』は、6種類のセンサー (心拍、加速度、GPS、コンパス、ジャイロ、気圧)を内蔵し、11種類のランニングログ(心拍数、消費カロリー、距離、時間、スピード、ペース、ピッチ、歩数、ストライド、走行ルート、高度)を計測・記録する。
 
 内蔵メモリーには最大約3,900曲の楽曲を転送でき、スマートフォンなど複数のデバイスを身に着けずに、これ1台で「シンプルでスタイリッシュ」にランニングログの計測とトレーニングに適した音楽再生を実現する。

 心拍数をリアルタイムに計測するため、事前に設定したユーザープロファイルと目標心拍数をもとに、その時のランナーの状況に応じた最適なテンポの楽曲を自動選曲、再生することで「楽しく効率的」にトレーニングをサポートするという。

 また、アプリ『Smart B-Trainer for running』で、ダイエットや体力づくり、レースへの参加など目的やレベルに応じたトレーニングメニューを設定し、最適なプランを簡単に立てることができる。トレーニングメニュー選択後、デバイスにBluetoothで転送して、すぐにトレーニングを開始できるという。

 アシックスとのコラボで開発したというトレーニングメニューには、初心者・一般用の「ベーシックトレーニングメニュー」から、アスリート用の「プレミアムトレーニングメニュー」などがあり、今年の夏までに「フルマラソン用」など順次メニューを増やす予定だ。(町田光)

関連する記事

「タブレット・ウェアラブル端末」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース