POSシステムを狙ったウイルス新たに カード利用者はご注意

2014年12月25日 11:39

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

スーパーやコンビニのレジで使われている「販売時点情報管理(POS)システム」に侵入し、顧客のクレジットカード情報や暗証番号などを盗むコンピューターウイルス被害が新たに報告されている。

スーパーやコンビニのレジで使われている「販売時点情報管理(POS)システム」に侵入し、顧客のクレジットカード情報や暗証番号などを盗むコンピューターウイルス被害が新たに報告されている。[写真拡大]

写真の拡大

 スーパーやコンビニのレジで使われている「販売時点情報管理(POS)システム」に侵入し、顧客のクレジットカード情報や暗証番号などを盗むコンピューターウイルス被害が新たに報告されている。コンピューターのセキュリティー大手トレンドマイクロ<4704>によると、2014年初めに米国の大手小売企業で約4,000万人分の顧客のクレジットカードやデビットカード情報が盗まれた。また、別のホームセンターでも被害が報告され、約1億人分の顧客情報が漏えいした。その手口はいずれも POSシステムを標的としたコンピューターウイルスだった。

 POSとは小売業者が商品の販売情報を記録し、在庫管理やマーケティングに利用するためのシステム。顧客が商品購入の際にレジでクレジットカードを使うと、POS端末がカード情報を読み取り、暗号化してシステムの大元へ送信する。今回のウイルスはそのPOSシステムの隙に入り込むというもの。POS端末がカード情報を読み取るやいなや、まだ暗号化されていない情報を狙って攻撃をしかけてくる。

 確認されたウイルスは、13年では22件だったが、今年に入ってから9月までに353件にまで増えている。トレンドマイクロが発表した14年第3四半期におけるPOS関連不正プログラム被害国は、米国が30%で最も多く、フィリピン、台湾、イタリアが各6%、オーストラリア、ブラジルが各5%、その他の国ではフランス、イギリス、カナダ、ドイツなどでも報告されており、世界中で広がっている状況だ。

 日本ではこれまで3件の報告があったが、いずれも感染前にウイルスを駆除することができたため、大きな被害には繋がらなかった。しかし今後、本格的に被害が急拡大する恐れがあり、注意が必要だ。

 POSシステムには多くの顧客情報が集まるため、一度の漏えいでも大規模な被害に発展してしまう。対策としてはPOS端末にウイルス対策用のソフトを導入することなどが挙げられるが、システム全体のサポート体制を整える必要もあり、コストや時間もかかるため、すべてのレジでの導入は容易には進まない。個人でできる対策としては、やはり現金決済ということになるだろう。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
コンビニ利用の幅広がる 大学卒業証明書や住民票の写しなど発行
LINE、個人間で送金・決済が行える新サービス開始
ファミリーマートにゆうちょATM 利便性を高めて集客狙う
フィッシング詐欺世界で急増 14年上半期国内被害額は18億円以上
銀行午後3時までの営業時間見直し迫られる 夕方・夜間のニーズ高く

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース