日本アジアグループ、茨城県河内町にメガソーラー発電所を完成

2014年5月30日 21:55

小

中

大

印刷

日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジーが竣工式を行った茨城県稲敷郡河内町の太陽光発電所「河内ソーラーウェイ」

日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジーが竣工式を行った茨城県稲敷郡河内町の太陽光発電所「河内ソーラーウェイ」[写真拡大]

写真の拡大

 日本アジアグループは29日、傘下のJAG国際エナジーが、茨城県稲敷郡河内町の民間企業の工場跡地に太陽光発電所「河内ソーラーウェイ」を完成させ、竣工式を行ったと発表した。

 発電所は、東芝グループの東芝プラントシステムによって建設された。敷地面積は、約48,000平方メートルで、東芝製の14,224枚のパネルが使われている。出力は約3.5MWとなっており、年間発電量は一般家庭の消費量約1,050 世帯分(同社による試算)に相当する。発電した電力はすべて東京電力に売るという。(松本 茂樹)

関連する記事

「太陽電池・太陽光発電」の写真ニュース

環境・エコの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース