第一実業、長野県飯田市で1MWのメガソーラーを運転開始

2014年4月7日 13:45

小

中

大

印刷

長野県飯田市で営業運転を開始した「第一実業飯田太陽光発電所」の看板(第一実業の発表資料より)

長野県飯田市で営業運転を開始した「第一実業飯田太陽光発電所」の看板(第一実業の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 長野県飯田市の牧野光朗市長を迎えて行われた「第一実業飯田太陽光発電所」のテープカット(第一実業の発表資料より)
  • 長野県飯田市で営業運転を開始した「第一実業飯田太陽光発電所」の太陽光パネル(第一実業の発表資料より)
  • 長野県飯田市で営業運転を開始した「第一実業飯田太陽光発電所」(第一実業の発表資料より)

 総合機械商社の第一実業は、長野県飯田市で太陽光パネルの設置工事を完了し、「第一実業飯田太陽光発電所」として営業運転を開始したと発表した。

 事業用地は長野県飯田市から同市川路地区の土地を賃借。3,990枚の太陽光パネルを設置することで出力規模は約1MW(メガワット)、年間の予想発電量は一般家庭約300世帯分の消費電力に相当する約110万kWhを見込む。発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取り制度を活用して電力会社に売電する。

 同社の大規模な太陽光発電事業は、茨城県笠間市内で操業する「第一実業笠間太陽光発電所」に続く2箇所目となる。

関連する記事

「太陽電池・太陽光発電」の写真ニュース

環境・エコの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース