中国の不動産バブル:早い段階で潰した方がいい=ジム・ロジャーズ氏

2014年2月25日 11:04

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:04JST 中国の不動産バブル:早い段階で潰した方がいい=ジム・ロジャーズ氏
米著名投資家ジム・ロジャーズ氏はこのほど、中国には地方政府の債務問題などが存在しているものの、リスクがコントロールできる範囲内にあると指摘し、中国経済には大きなリスクが存在していないとの見方を示した。中国政府による構造改革の実施に伴う景気減速について、すべての先進国が中国に似たような成長過程を経験しており、若干の成長減速に驚くことはないと強調した。

また、ロジャーズ氏は、中国の不動産バブル問題について、政府が一連の措置を実施しており、徐々に効果が現れるとの見方。また、今後の中国の不動産価格が一段と下落すると予測し、不動産バブルを早い段階で潰した方が中国経済に与える悪影響を最小限に抑えられると指摘した。《ZN》

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース