JR西日本、日本最大級の鉄道博物館を2016年春に開業へ

2012年12月20日 12:25

小

中

大

印刷

鉄道博物館の完成イメージ(画像:JR西日本)

鉄道博物館の完成イメージ(画像:JR西日本)[写真拡大]

写真の拡大

  • 鉄道博物館の完成イメージ(画像:JR西日本)
  • 鉄道博物館の完成イメージ(画像:JR西日本)

 JR西日本は19日、京都・梅小路エリアにおいて、梅小路蒸気機関車館と一体となった日本最大級の鉄道博物館を2016年春に開業すると発表した。

 同鉄道博物館の所在地は京都市下京区観喜寺町。建物は地上3階建、延床面積約18,800平方メートルと日本最大規模で、収蔵車両数はSL23両、新幹線6両、電気機関車4両、ディーゼル機関車4両など50両程度を予定している。総事業費は約70億円。公益財団法人交通文化振興財団に運営を委託する。

 同鉄道博物館では、SLから新幹線まで時代を彩ってきた貴重な車両50両程度を展示するほか、動態SLを間近で観察できる展示やSLスチーム号への体験乗車を実施する。また、梅小路運転区構内留置線を博物館に引き込み営業車両などを展示、新幹線タイプ・在来線タイプの運転シミュレーターを設置、ジオラマで鉄道模型運転を実施するなど、「みる、触る、体験する」 を重視した展示構成とする計画。

「運輸・物流・鉄道」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース