「LINE」の登録ユーザー数が6000万人を突破、他社との連携で利用者が増加

2012年9月11日 10:38

小

中

大

印刷

登録ユーザー数の推移グラフ(画像:NHN Japan)

登録ユーザー数の推移グラフ(画像:NHN Japan)[写真拡大]

写真の拡大

 NHN Japanは10日、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」の登録ユーザー数(iPhone/Android/Windows Phone/BlackBerryアプリ・フィーチャーフォン総計)が、9月8日時点で世界6,000万人・国内2,800万人を突破したと発表した。

 LINEは、ユーザー同士であれば国内・海外、通信キャリアを問わず、無料で音声通話・メールが楽しめるスマートフォンアプリとして、日本をはじめ世界230以上の国や地域で利用されている。

 7月26日に登録ユーザー数世界5,000万人・国内2,300万人を達成以降も、引き続き3週間に500万人以上のペースで堅調に利用者数を伸ばしている。8月17日には新たにBlackBerry端末に対応したほか、9月3日にはKDDIが運営するスマートフォン向けサービス「auスマートパス」でLINEの提供を開始するなど、様々なOS、デバイスへの対応強化やキャリアとの連携によって更なるユーザーの獲得・利用促進に繋がっている。

 また、本格的な事業化・プラットフォーム化の一環として、8月21日に株式会社マガジンハウスおよび外部コンテンツパートナー提供によるコンテンツを含めた「LINE占い」をAndroid版にて先行公開し、併せてLINEが提供する有料コンテンツを購入・利用することができる仮想通貨「LINEコイン」を導入。続けて、8月22日にはリクルートが運営している「ホットペッパーグルメ」と連携した「LINEクーポン」をiPhone・Android版で同時公開するなど、外部コンテンツパートナー協力のもとコンテンツ拡充を進めている。このほか、有料版スタンプを販売する「スタンプショップ」の売り上げが8月単月で3億円を突破するなど、コンテンツ課金収入も順調に伸びている。

「iOS / android アプリ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース