コークとペプシ、発がんリスク表示を回避するために米国でレシピ変更

2012年3月11日 13:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

カリフォルニア州では、カラメル色素に含まれる4-メチルイミダゾールが発がん性物質のリストに追加されたため、食品に添加する場合は発がんリスクの警告表示が必要となった。これに伴い、コカ・コーラおよびペプシコーラでは、警告表示を回避するためにレシピが変更されたとのこと(The Guardianの記事International Business Timesの記事本家/.)。

コカ・コーラでは、カラメル色素の製造過程で副産物として生成される4-メチルイミダゾールの量を減らすため、カラメル色素の製造会社に製法の変更を指示したとのこと。すでにカリフォルニア州ではレシピの変更されたコカ・コーラおよびペプシコーラが販売されており、順次全米に広げられるという。米国飲料協会では、4-メチルイミダゾールに発がん性があるとする研究結果に反論する声明を発表しつつ、加盟各社はカリフォルニア州の基準を満たすようにレシピを調整するともしている。なお、米国外での製品に適用されるかどうかは不明だ。 スラッシュドットのコメントを読む | ビジネス | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
コカ・コーラの秘密の製法が書かれた紙の保管庫を一般公開 2011年12月12日
コーラの過剰摂取は低カリウム血症を引き起こす恐れあり 2009年05月23日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「食品製造業」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース