Googleサービスのアイコンデザイン変更 視認性が悪くなったとの意見多数

2020年10月29日 18:38

最近になってGoogleのサービス関連のアイコンが変更されたそうだ。しかし、すべてのアイコンに同じような色を配色した結果、視認性が悪くなり、目が滑るという声が出ているようだ(Togetter)。

ドライブ、フォト、マップ、Gmailなどの多くのアイコンで、Googleのロゴマークに使用されている青・赤・黄色・緑で構成されたアイコンに統一されている。すべてのアイコンが同じような配色バランスで構成されているため、ぱっと見でアイコンの識別が難しくなっている。とくに頻繁に使用するGmailが見つけにくくなったことに対する不満の声が大きいようだ。

このアイコンデザインの変更は10月6日に「G Suite」が「Google Workspace」に変更された段階で行われていた。デザインが反映されたのは最近だが、デザイン発表時点でアイコンデザインがわかりにくいという指摘はあったようだ(GIZMODOGoogle Workspaces動画)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | IT

 関連ストーリー:
Google Drive、10月13日以降ゴミ箱のファイル保持期限が30日に 2020年09月18日
Google従業員グループ、CEOに警察への技術提供を行わないよう求める 2020年06月29日
Gmail、送受信した電子メールを添付ファイルとして転送可能に 2019年12月14日
誤ってG Suiteアカウントを削除した米企業、データ復元を求めてGoogleを訴える 2019年07月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

スラド

関連キーワード

GoogleGmail