コロプラ、取引先にゲームへの課金依頼しランキング操作

2019年6月25日 08:32

 Anonymous Coward曰く、

 スマートフォン向けゲームなどを手がけるコロプラが、アプリストア内での売上ランキングを操作するために取引先に対し850万円を支払って自社ゲームのゲーム内コンテンツの購入を依頼していたことが明らかになった(日経新聞INSIDETogetterまとめ)。

 問題となったゲームは、iOS/Android向けの「最果てのバベル」。このゲームは6月12日にサービスが開始されており、コロプラの役職者を含む従業員2名が取引先にコンテンツ購入を依頼、依頼された取引先は13日に実行したという(コロプラによる発表)。

スポンサードリンク

 この手の話はソシャゲ黎明期にはしばしば耳にしたが最近では珍しく、またコロプラ自身の発表とはいえ、それが明るみに出たのも珍しいのではないか?

 スラドのコメントを読む | ゲーム | お金

 関連ストーリー:
任天堂、特許権を侵害しているとしてコロプラを提訴。「白猫プロジェクト」の提供差し止めも請求 2018年01月10日
スマホアプリのランキング順位は金で買える、その手法とは 2015年06月19日
韓国では「狂ったクリック」でランキング操作 2007年02月22日
スマホゲームを提供する国内各社、厳しい決算 2019年02月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

スラド