高校生役演じたGACKT「最初は即答で断った」

2019年1月29日 16:56

GACKTがまさかの高校生役を演じることも話題の映画『翔んで埼玉』ジャパンプレミアが1月28日に東京ドームシティホールで行われ、W主演をつとめたGACKTと二階堂ふみをはじめ、伊勢谷友介、ブラザートム、島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、京本政樹と武内英樹監督が出席。写真:GACKT

-タップで写真拡大-

 GACKTがまさかの高校生役を演じることも話題の映画『翔んで埼玉』ジャパンプレミアが1月28日に東京ドームシティホールで行われ、W主演をつとめたGACKTと二階堂ふみをはじめ、伊勢谷友介、ブラザートム、島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、京本政樹と武内英樹監督が出席。GACKTは高校生役オファーを、最初は即答で断ったことを明かした。

 ・『翔んで埼玉』ジャパンプレミア、その他の写真

 本作は、「パタリロ!」の原作者でもある魔夜峰央(まや・みねお)の同名コミックを、映画『テルマエ・ロマエ』シリーズの武内英樹監督がメガホンをとり実写映画化。埼玉県民が、東京都民から迫害を受けている架空の日本を舞台に、エリート都民であることを鼻にかける生徒会長の壇ノ浦百美(二階堂)と、転校生の麻実麗(GACKT)との出会いを描いた前代未聞のエンターテインメント作品。

 ディスられながらも、埼玉県が大きくフィーチャーされた本作。埼玉出身の島崎は、イベント序盤「(埼玉出身というのは)少し恥ずかしい」と本音を漏らしていたが、司会者から「(埼玉出身ということが)もう恥ずかしくなくなったのでは?」と問われると、やや困った表情を浮かべつつも「今までは、さいたまスーパーアリーナしかなかったので、(映画完成で)少しは誇れるものができたかもしれません」と答えた。

 登場人物の衣装やセットを含め、独特の世界観が展開していくが、GACKTは「最初、高校生役と聞いて、オファーを即答で断ったんです」と戸惑いがあったことを明かすも、特殊な高校生の役だと知り、作品に興味を持ったという。撮影初日がいきなりキスシーンだったりと、なかなか刺激的な現場だったようだが、GACKTは「絢爛豪華なセットや衣装、共演者のメイクがすごく、スタートからしっかり世界観に入れた」と物語に没頭できる環境に感謝していた。

 また、初の男性役に挑戦した二階堂は「とにかく個性豊かな方々が集結していて、まるで違う星の人たちが地球にやってきて撮影していたような現場だった」と振り返ると「自分が一番まともだと思ったので、しっかりしなければと言い聞かせていた」と告白。するとGACKTは「僕も自分が一番まともだと思っていた」と発言し、客席を笑わせていた。

 『翔んで埼玉』は2月22日より全国公開となる。

【関連記事】

 GACKT、まさかの高校生役で二階堂ふみとW主演!『翔んで埼玉』
二階堂ふみ&GACKT主演!邦画史上最大の茶番劇『翔んで埼玉』に豪華キャスト陣が出演
二階堂ふみ&GACKT主演!埼玉をディスりまくる『翔んで埼玉』特報解禁
[動画]『翔んで埼玉』特報

ムビコレ

関連キーワード

埼玉県ジャパンプレミア東京ドームシティ伊勢谷友介二階堂ふみ島崎遥香翔んで埼玉