Intel Quarkプロセッサ、EOLに

2019年1月23日 21:32

shesee曰く、 Intelの組み込み向けプロセッサ「Quark」の生産が終了されるようだ(PC Watch)。

 すぐに生産終了するから、組み込み分野で信頼を失うんじゃないかな。GalileoやEdisonは購入して遊んだことがある。Raspberry Pi同様にLinuxを組み込んだボードを無謀にもArduinoにフィットさせようとして、Arduino実行デーモンを動かすという無茶をしていた。またGalileoはIOエキスパンダを使っていたのでレイテンシが酷かった。いずれもYocto Linuxという組み込み用のクロスコンパイルが必要なディストリビューションを使っていたため、Debian派生のRaspberry Piと比べて扱いづらかった。

 Quarkはx86アーキテクチャを採用した低消費電力CPU。最終受注日は2019年7月19日、最終出荷日は2022年7月17日とのこと。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | Intel

 関連ストーリー:
Intel、CurieチップとArduino/Genuino 101を終了させる方針 2017年08月02日
Intelのボードコンピュータ製品「Edison」「Galileo」「Koule」、年内で出荷終了と報じられる 2017年06月21日
超低電圧で稼動するCPUを実現する技術 2014年05月08日
IntelがSDカードサイズのコンピュータ「Edison」を発表 2014年01月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

スラド

関連キーワード

Intel