2020年度前期授業の開始をオンライン授業により展開-日本ホテルスクール

プレスリリース発表元企業:学校法人日本ホテル学院

通信環境の整備のため在校生へ支援も決定

専門学校日本ホテルスクール(所在地:東京都中野区 理事長・校長:石塚 勉)は、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部で特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を受け、感染拡大防止に努めるため、在校生や教職員、入学を検討されている皆様、そして関係者の皆様の安全・衛生を最優先する判断のもと、在校生の皆様を対象とする授業開始日の延期、入学を検討する皆様を対象とするイベントの自粛などを決定し対応しています。



5月6日に期限を迎える緊急事態宣言につきましては、1か月程度延長する方向で調整を進めていると報道される中、本校は、感染拡大の防止、安全の確保を目的に2020年度前期授業の開始をオンライン授業により展開することを決定しました。オンライン講座を主軸とし、夏季特別講座の実施、夏季休暇の調整を行い授業週数の確保を進めてまいります。オンライン授業の展開において、従来と変わらない教育活動を進めるため運営管理に努めるともに、在校生のインターネットの通信環境の整備が必要になるため、本校から一人あたり一律30,000円の支援を行うことも決定しました。
[画像: https://prtimes.jp/i/38393/15/resize/d38393-15-877082-0.jpg ]


なお、本校では4月20日(月)よりインターネットを利用したオンラインでのコミュニケーションアワー(ホームルーム)や個人面談とともに、授業延期に伴うオンライン講座や学科別課題、英語オンラインレッスンなどを開始。ホテル・ブライダル・料飲・英語のそれぞれの科目を担当する教職員が、授業が開始されるまでの事前の課題や講座を準備して自宅でも学習ができるようにオンラインなどを活用しています。

また、本校の教職員の安全確保や校内外への感染被害防止に努めるため、対応可能な業務を在宅勤務に移行し、学校へ出勤する教職員の数を制限する特別措置も延長することといたしました。実践的な職業教育、専門的な技術教育を行う教育機関、そしてホテル・ブライダル分野における人材育成において日本を代表する専門教育機関として、引き続き教育活動を展開してまいります。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告