2020-04-25 03:07:00

ボーダフォン・アイデアがマベニアのOpenRANソリューションを導入

プレスリリース発表元企業:Mavenir
ボーダフォン・アイデアがマベニアのOpenRANソリューションを導入

2020年にTDDおよびマッシブMIMO導入の拡張を予定

(印ムンバイ & 米テキサス州リチャードソン)-(ビジネスワイヤ) -- インドを代表する電気通信事業者のボーダフォン・アイデア・リミテッド(VIL)は、OpenRANソリューション提供企業と共にインドでOpenRANベースの導入を拡大しました。VILのOpenRANは複数のセル基地に導入され、2019年12月から商用トラフィックを処理しています。この導入で使用されたマベニアの4G用OpenRANソリューションは、CoTS機器と新たな無線パートナーを活用した分離型ソリューションを提供します。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20200424005500/ja/

VILはOpenRANに力を入れており、TDDおよびMa-MIMO基地の展開を今年他の都市にも拡大していきます。

ボーダフォン・アイデアは、インドで最大のMa-MIMOの導入を行い、主要市場でのキャパシティーを大きく拡大させました。

「ボーダフォン・アイデアは、最新技術の導入によって、未来に対応できるしっかりした4G+ネットワークを構築しています。主要コアネットワーク要素の分離を成功させた当社としては、RANの分離が次の当然のステップとなっています。当社はこのイニシアチブにおいてマベニアと提携することをうれしく思います。同社は、費用を削減できる可能性を持っているだけでなく、当社の事業要件に合わせてカスタマイズされた期待できる新機能を作り出すこともできます」と、ボーダフォン・アイデア・リミテッド最高技術責任者のVishant Voraは語っています。

マベニア社長兼最高経営責任者(CEO)のPardeep Kohliは、このように述べています。「ボーダフォン・アイデアは技術と革新の最前線にあり、最も融通が利く効果の高いソリューションを活用・導入することを目指しています。マベニアのOpenRANソフトウエアは、フル稼働している基地の最も厳しい事業者の要件を満たすことができるように設計されており、これには、VILの可用性要件のほか、スループットやシステム間ハンドオーバーを含む高い顧客エクスペリエンスに関するネットワークKPIも含まれます。」

ボーダフォン・アイデアは、OpenRAN分野の最高レベルのパートナーと協力し、インドのネットワークのトラフィック要件に対応できる頑健なソリューションを構築しています。また、VILの4Gネットワーク内で5G技術の導入を進めることで4G+ネットワークの構築も行っています。

OpenRANは、要素間のオープンインターフェース仕様を使用して作られた分離型RAN機能を意味します。オープンインターフェースとコミュニティー開発の仕様に基づき、ハードウエアのベンダーを問わずソフトウエア定義テクノロジーで導入できます。詳細情報は、こちらでご覧いただけます。

ボーダフォン・アイデア・リミテッドについて

ボーダフォン・アイデア・リミテッドは、アディティア・ビルラ・グループとボーダフォン・グループのパートナーシップであり、インドを代表する電気通信サービス企業です。当社はインド全域で2G、3G、4Gプラットフォームにわたって音声とデータのサービスを提供しています。大規模な周波数帯ポートフォリオによってデータと音声の需要拡大をサポートし、快適な顧客体験を提供することに力を入れるとともに、数百万人の市民が優れた未来を結びつけて構築することを可能にして真の「デジタル・インド」を作り上げることに貢献します。当社は、新しいスマートな技術を導入するためにインフラを開発し、革新的な商品・サービスの提供によって個人と企業のお客さまが未来への準備ができるようにいたします。当社の商品・サービスの提供は、お客さまの利便性を考えてデジタルチャネルのエコシステムと当社の幅広い現地ネットワークで行っています。当社は、インドのナショナル証券取引所(NSE)とボンベイ証券取引所(BSE)に上場しています。

詳細情報については、こちらをご覧ください:www.vodafoneidea.com

マベニアについて:

マベニアは業界で唯一、エンドツーエンドのクラウドネイティブなネットワーク・ソフトウエアを提供する企業であり、通信サービスプロバイダー(CSP)のソフトウエア・ネットワーク変革の推進と、ネットワーク経済のあり方の変革に傾注しています。マベニアは、ネットワーク・インフラ・スタックの全レイヤーを対象に包括的なエンドツーエンドの製品ポートフォリオを提供しています。5Gアプリケーション/サービスレイヤーからパケットコア、RANまで、マベニアは進化したクラウドネイティブ・ネットワーキング・ソリューションによって、エンドユーザーにとって革新的でセキュアな体験を実現するための道を開きます。IMS(VoLTE、VoWiFi、高度メッセージング(RCS))、プライベート・ネットワークやvEPC、5Gコア、OpenRAN vRANにおけるイノベーションを活用しながら、140カ国以上のCSP顧客250社以上を対象にネットワーク変革を推進しており、世界の加入者の50%以上に貢献しています。

マベニアは俊敏性・柔軟性・迅速性を促進するための破壊的で革新的な技術アーキテクチャーとビジネスモデルを取り入れています。NFVの発展を促進してウェブ スケールの経済を達成するソリューションにより、マベニアは経費削減・収益確保・収益保護の支援をCSPに提供します。www.mavenir.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20200424005500/ja/

連絡先
Maryvonne Tubb
Mavenir PR
pr@mavenir.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告