貿易実務検定(R)5月17日(日)実施試験をWeb試験にて実施

プレスリリース発表元企業:株式会社マウンハーフジャパン
貿易実務検定ロゴ

Web試験再チャレンジ制度のイメージ

株式会社マウンハーフジャパン内、日本貿易実務検定協会(R)(事務局:東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル25階、理事長:片山 立志、以下 当協会)は、2020月5月17日(日)実施試験を、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、オンライン上で回答するWeb試験にて実施いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/210848/LL_img_210848_1.jpg
貿易実務検定ロゴ

貿易実務検定(R)公式ウェブサイト: https://www.boujitsu.com


■社会的背景とWeb試験実施について
22年の歴史をもつ貿易実務検定(R)は第1回から現在まで、集合試験形式で行ってきました。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)が今年1月よりわが国でも猛威をふるい、未だに状況が変わらぬ中、集合試験実施の安全性が問われるようになりました。
一方で、この資格試験合格のために日々努力された方々から受験のチャンスを奪うことは、大変憂うことであります。
そこで、2020年5月17日(日)実施「第83回C級」と、7月5日(日)実施「第84回C級」「第64回B級」試験を、自宅内など社会的距離を保ちつつ受験出来るWeb試験にて実施いたします。


■Web試験の概要
<受験会場について>
いままでの集合試験では全国数カ所の会場にて行っていましたが、オンライン上の試験というメリットを活かし、インターネット回線さえあれば、自宅の個室など試験に適した場所でどこでも受験できます。

<受験に使う機材について>
・PC(Windows、Mac)、もしくはスマートフォン・タブレット(iOS、Android)。図版のみやすさからPCを推奨いたします。
・各種最新ブラウザー
・通信回線(固定回線や4Gなど)
※OS・ブラウザーのメーカーサポートが切れているバージョンは対象外です。 (延長サポート期間も対象外です)

<試験形式>
・従来どおり選択式問題です。ブラウザー上から解答を選択する形式です。
・試験科目と試験時間は従来どおり貿易実務科目(90分)貿易実務英語科目(45分)ですが、問題ごとに制限時間を設けさせていただきます。


■Web試験のメリット
<全国いずれの地域にお住まいの方でも挑戦しやすくなります。>
いままで受験の機会に恵まれない方でも、負担が少なく受験できます。

<再チャレンジ制度を設けます。>
今回の5月17日(日)実施、第83回C級Web試験に挑戦され、万が一不合格になった方には、年内実施の下記のいずれかの試験に無料で再チャレンジ出来る制度を設けます。
・7月5日(日)実施 第84回C級(Web試験)
・10月4日(日)実施 第85回C級(会場試験予定)
・12月6日(日)実施 第86回C級(会場試験予定)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/210848/LL_img_210848_2.jpg
Web試験再チャレンジ制度のイメージ

上図の通り、5月17日に受験され、万が一不合格の場合は、7月5日、10月4日、12月6日のC級試験のいずれかを無料で再受験できます。なお、これは、2020年のweb試験受験の場合のみの特別措置です。


■日本貿易実務検定協会(R)の運営会社、株式会社マウンハーフジャパン会社概要
社会人教育で20年を超える歴史のある企業です。
貿易関連で唯一の国家資格「通関士試験」において毎年多くの合格者を出す「通関士絶対合格通信講座」を運営。過去数万人の合格者を輩出しています。
また「貿易実務検定(R)」「EPAビジネス実務検定(2020年2月開始)」「マーケティング・ビジネス実務検定(R)」「会計ファイナンシャル検定(R)」の検定試験の運営を行っています。社内昇格の推奨資格としても多くの企業に取り入れられ、多数のビジネスマンが毎回挑戦しています。
その他通信講座「GOGO+1」のブランドで、社会人向け通信講座を運営しています。

所在地 : 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル25階
代表者 : 片山 立志
設立年月日: 平成8年2月
Webサイト : https://www.mhjcom.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク