コラーゲンペプチドの市場規模、2027年に21億2,990万米ドルに到達見込み

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
コラーゲンペプチドの市場規模、2027年に21億2,990万米ドルに到達見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「コラーゲンペプチドの世界市場:原料別、用途別、地域別の分析と予測」(The Insight Partners発行)の販売を4月10日より開始いたしました。

【健康的なライフスタイルと高タンパク質消費への消費者の大幅なシフトが市場の成長を促進】


コラーゲンペプチドの市場規模は、2018年に8億5,240万米ドルから2027年に21億2,990万米ドルへ拡大すると予想されており、この間のCAGRは10.9%になる見通しです。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NTgwOSMyMzk4ODIjNjU4MDlfd0tzdE5KaWlzRi5wbmc.png ]
コラーゲンペプチドは、タンパク質の多目的な供給源であり、健康的な栄養の重要な要素です。それらの栄養的および生理学的特性は、骨、関節、および皮膚の健康を促進します。ソースによって、世界のコラーゲンペプチド市場は、牛の皮と骨、豚皮、家禽と魚、羊と山羊などに分割されています。2018年、牛の皮と骨のセグメントセグメントが世界のコラーゲンペプチド市場を支配しました。さらに、家禽と魚のセグメントは、予測された期間を通じてより速いペースで成長すると予想されます。


米国、カナダ、ドイツ、フランス、イタリア、英国などの先進国の消費者は、健康とウェルネスに関連するオンライン情報への豊富なアクセスにより、健康志向が高まっています。コラーゲンペプチドは、消費者や医療専門家の間で急速に普及しています。健康に詳しい消費者は、購入している健康製品に関連するより正確な情報を求めています。健康上の問題に対する消費者の意識、体力と幸福へのより大きな焦点、および個人所得の増加などの要因は、コラーゲンペプチドの需要を推進する主要な要因と考えられています。過去数年にわたって、先進国の消費者は健康的なライフスタイルをリードするために、さまざまな病気を予防するための予防的健康対策を講じ、健康およびウェルネス関連製品を利用しています。さらに、これらの国の高齢化人口は、コラーゲンペプチド製品の大きな消費者基盤を形成しています。高齢者は、栄養が豊富で健康に良い飲料や食品を好みます。


コラーゲンペプチドの市場は、非常に定評のあるプレーヤーに集中しています。主要なプレーヤーは、Amikozen Co Ltd.、BSA Pharma Inc.、Chaitanya Biologicals Private Limited、Collagen Solutions Plc.、Darling Ingredients、GELITA AG、Gelnex、Holista CollTech Limited、新田ゼラチン、Weishardt、Proteinsa、Gelatines Juncà SL、Tessenderlo Groupなどが挙げられます。


【当レポートの詳細目次】

https://www.gii.co.jp/report/tip928752-collagen-peptides-market-global-analysis-forecasts.html


ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。





提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース