国内取引量No.1 株式投資型クラウドファンディング『FUNDINNO(ファンディーノ)』 新型コロナウイルス対策として”ネットで資金調達”体制強化 お申込みから入金まで全て遠隔から可能に

プレスリリース発表元企業:日本クラウドキャピタル







日本初!国内取引量No.1 株式投資型クラウドファンディング『FUNDINNO(ファンディーノ)』(https://fundinno.com/) を展開する株式会社日本クラウドキャピタル(以下、JCC)は、お申込みから入金までの資金調達の全プロセスをオンラインを活用して遠隔でも完結することができるよう体制を強化いたしました。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、対面での商談が難しい中、本来資金が届くべき有望な企業に資金が届いていない事態を避けるために「ネットで資金調達」といった柔軟な体制を強化してまいります。


画像 : https://newscast.jp/attachments/XxOL7OZCXoB08wJDbLUo.png


■今こそ!必要な「ネットで資金調達」


世界的に新型コロナウイルスの感染者数の拡大は続いており、長期的な経済への悪影響が懸念されています。我々は“アフターコロナ”ではなく“withコロナ”の世界を模索しなければならない段階にきています。
そのような背景において、有効なベンチャー企業の資金調達手段として、スピードとオンライン対応が重要であると考えます。FUNDINNOでは、キックオフミーティングからFUNDINNOサイトでの情報公開まで、最速で3週間で実施が可能というスピードで進めることができます。また、お申込みから入金までの全行程をオンラインや郵送など、遠隔からのやりとりでも可能な体制を整えました。事業者登録後、審査を通過した企業に対して、日本クラウドキャピタルから面談日程の調整連絡が入ります。面談は Zoom などのビデオ会議ツールで行います。


>>>資金調達をお考えの企業様はこちらから事業者登録:https://fundinno.com/about_company


画像 : https://newscast.jp/attachments/c8GdhltK8FyFNz3XG5ej.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/wmYX8kFc0hYU1op1rD85.jpg


■株式会社日本クラウドキャピタル 代表取締役CEO 柴原祐喜より


日本や世界が困難に立ち向かう中、立ち上がった経営者の傍には、志に共感したエンジェルや金融機関がいたはずです。現在は、コロナウイルスの影響で我々は困難に直面しています。この状況下は、投資家様にとっても、起業家様にとっても困難な状況と言えます。だからこそネットで資金調達をけん引してきた私たちが、両社の想いを繋がなければなりません。我々は今こそ、何が出来るか、何をすべきかが問われています。
――JCCのビジョンである、「フェアに挑戦できる未来を創る」ために、今こそ力強く前に進む時だと考えております。
これまで、培ってきたノウハウ、ナレッジを全て使い、歩み続けなければなりません。投資家の皆様には、我々のビジョンと役割をお伝えするとともに、ベンチャー企業を応援していただく意義や必要性をお伝えし続け、ベンチャー企業の皆様には、果敢にチャレンジをしてもらう体制を整えてまいります。


■心ある投資家に出会えるFUNDINNOとは


FUNDINNOはオンラインでの資金調達の実績がサービス開始より約3年で約30億円という実績を誇ります。また、FUNDINNOにご登録頂いております、貴社と志を共有してくれる可能性のあるエンジェル投資家様は、約2万5千人と国内No.1です。


■株式投資型クラウドファンディング『FUNDINNO(ファンディーノ)』とは


日本初の株式投資型クラウドファンディングサービス『FUNDINNO(ファンディーノ)』https://fundinno.com/ は企業が個人投資家から、“ネットで”資金調達ができるプラットフォームです。


■株式投資型クラウドファンディング『FUNDINNO』が選ばれる理由■


✔ファン投資家戦略を推進できます。


『FUNDINNO』を通して自社に投資してくれた個人投資家は、自社サービスのファンであり、応援してくれるロイヤル顧客ともなりえます。このようなファン投資家は、上場会社だけのものではなく、『FUNDINNO』を使えば未上場企業でも可能になります。


✔認知度向上に寄与します。


『FUNDINNO』サイトで募集を開始すれば、『FUNDINNO』に登録する2万人以上の個人投資家だけでなく、インターネット上で広く自社の事業紹介をすることができます。また、投資家の紹介により商談にいたることもあります。


✔資金調達までの時間が速い。


『FUNDINNO』で資金調達をスタートできるまで、キックオフミーティングから、最速3週間。さらに、資金調達に成功されてから3週間ほどでご入金することができます。


>>>資金調達をお考えの企業様はこちらから事業者登録 :https://fundinno.com/about_company




会社名:株式会社日本クラウドキャピタル
第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長 (金商) 第2957号 加入協会:日本証券業協会
・所在地:東京都品川区東五反田5-25-18
・代 表:柴原 祐喜/大浦 学
・資本金及び資本準備金の合計額:9億8897万9340円 ※2019年11月1日現在
金融商品取引法第二十九条の四第一項第六号イ及び同法第四十六条の六に規定する自己資本規制比率は適用がありません。
・設 立:2015年11月26日
・U R L :https://www.cloud-capital.co.jp/
<手数料等及びリスク情報について>
当社のサービスにおける取扱商品の手数料及びリスク等は、当社のホームページで表示しております「重要事項説明書( https://fundinno.com/disclosure )」の内容と、プロジェクト毎の契約締結前交付書面の内容をご確認ください。投資にあたっては、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。
ご注意:本報道発表文は、FUNDINNOのサービスや実績を一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。
報道関係の皆様からのお問合せ先
株式会社 日本クラウドキャピタル 広報・マーケティング 担当:馬渕、向井
TEL:070-1215-2019 Mail: marketing@cloud-capital.co.jp




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース