46年にわたり代官山で愛されてきたサンドイッチ店「TOM’S SANDWICH」尾道駅に「ONOMICHI TOM’S SANDWICH & BAR」として3月2日オープン

プレスリリース発表元企業:TLB株式会社
BLT[ONOMICHI TOM'S SANDWICH & BAR]

キャベツベーコン[ONOMICHI TOM'S SANDWICH & BAR]

ヒーロー[ONOMICHI TOM'S SANDWICH & BAR]

TLB株式会社(所在地:〒722-0037 広島県尾道市西御所3-12/代表取締役社長:大本公康)は、3月に尾道駅新駅舎の開業1周年を迎えるJR尾道駅2階に、東京・代官山で46年間愛され続けたTOM’S SANDWICH(トムスサンドイッチ)を「ONOMICHI TOM’S SANDWICH & BAR」として3月2日(月)にオープンします。

TOM’S SANDWICHは、創業者がアメリカで出会い感動を覚えたサンドイッチの味とボリュームを再現したいとの想いから、かぶりつけないほどのビッグサイズのサンドイッチを、1973年より提供してきました。香ばしく焼かれたベーコンなどシンプルながらこだわり抜いた食材と味のバランス、それを厚さ2センチにもなる食パンにはさんだサンドイッチは、多くのお客さまから支持を得ていました。創業以来の変わらぬスタイルで愛され続けた東京・代官山の店舗は、2019年に46年の幕を降ろしました。

「ONOMICHI TOM’S SANDWICH & BAR」は、デイタイムにTOM’S SANDWICH時代のメニューより厳選したサンドイッチ12種類を以前と変わらぬレシピで提供します。夜はバータイムとしてクラフトビールなど8種類のタップビールやボトルビール、オリジナルハイボールなどを中心に提供します。今後、尾道・瀬戸内の食材を取り入れた商品開発、季節メニューの開発に取り組みます。


ONOMICHI TOM’S SANDWICH & BAR(オノミチ トムスサンドイッチ & バー)
営業時間:10:00-23:00
10:00-17:00〈サンドイッチL.O. 16:00〉サンドイッチを中心にしたお食事を提供
17:00-23:00〈バータイムL.O. 22:30〉パブリックな雰囲気でビールを楽しめるバー
住所:尾道市東御所町1-1 尾道駅2F TEL:0848-29-9332 定休日:なし
https://www.instagram.com/toms_onomichi/


TOM’S SANDWICH
創業者の佐藤友紀氏(1941年東京生まれ)は、東京写真短期大学卒業後に佐藤明スタジオでアシスタントを務めたのちに渡米。3年間のニューヨーク生活を経て、1973年にトムスサンドイッチをヒルサイドテラス(東京・代官山)にオープン。ヒルサイドテラスの<顔>として長年愛されてきた同店を2019年に惜しまれながら閉店。


TLB株式会社
〒722-0037 広島県尾道市西御所3-12
代表取締役社長 大本公康
ONOMICHI U2や尾道駅舎事業をはじめ、LOG、せとうち 湊のやどなど、尾道の歴史的な建造物を活かしたホテル、レストラン、ベーカリーなどの事業や地元産品の商品開発を通じて、尾道の魅力を創造・発信し、交流と賑わいの創出を目指しています。
https://tlbinc.jp



<本件に関するお問合せ先>
TLB株式会社
広島県尾道市東御所町1-1 尾道駅2F
TEL:0848-29-9330(㎥ HOSTEL内)
https://www.onomichi-st.com

【付帯情報】
・BLT[ONOMICHI TOM'S SANDWICH & BAR]
http://itm.news2u.net/items/output/168095/1
・キャベツベーコン[ONOMICHI TOM'S SANDWICH & BAR]
http://itm.news2u.net/items/output/168095/2
・ヒーロー[ONOMICHI TOM'S SANDWICH & BAR]
http://itm.news2u.net/items/output/168095/3
・ホットコンビーフ[ONOMICHI TOM'S SANDWICH & BAR]
http://itm.news2u.net/items/output/168095/4
・ONOMICHI TOM'S SANDWICH & BAR
http://itm.news2u.net/items/output/168095/5


News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース