第14期2020年1月度月商(取扱高)のお知らせ

プレスリリース発表元企業:株式会社エアトリ


One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業と投資事業を手掛ける株式会社エアトリ(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CFO:柴田 裕亮、証券コード:6191、以下当社) は、第14期2020年1月度(2020年1月1日~2020年1月31日)取扱高をお知らせいたします。
当社の2020年1月度の取扱高は119億1054万8549円※1となり、同月の取扱高昨年対比127%となっております。今期累計取扱高は479億5751万7453円となりました。このうち一般顧客向け取扱高※2は、同月の取扱高昨年対比133%となっております。
なお、数値には連結子会社の実績も含まれております。また、速報値であるため、決算発表時の数値と異なる場合があります。
※1 2018年6月度より㈱エアトリインターナショナルの数値も含まれております。
※2 一般顧客へサービス提供することによる取扱高(キャンセル前の数値)となります。
【株式会社エアトリ】
本社 :東京都港区愛宕2-5-1愛宕グリーンヒルズMORIタワー19F
社名 :株式会社エアトリ
代表者:代表取締役社長 兼 CFO 柴田 裕亮
資本金:2,931,760千円(払込資本7,975,594千円)
URL:http://www.evolableasia.com/
【当社サービスサイト】
総合旅行プラットフォーム エアトリ :https://www.airtrip.jp/
ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業 :https://www.evolableasia.com/service/btm/
ITオフショア開発事業       :http://www.evolableasia.com/service/offshore/
【当社IRサイト】 :http://www.evolableasia.com/ir/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
  • Flow Machines Professional(画像:ソニーコンピュータサイエンス研究所の発表資料より)
  • うめきた2期の完成イメージ(阪急阪神ホールディングス発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 「星形成プロジェクト」による3つの領域(オリオンA領域、わし座領域(Aquila Rift)、 M17領域)の一酸化炭素輝線強度の電波地図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース