<3月開催>これからの時代の必須能力となるグローバルコンピテンスを育成するには?グローバルコンピテンスの育成・習得への理解を深め、必要な学習を考える「グローバル教育セミナー」を東京・大阪で開催

プレスリリース発表元企業:株式会社アイエスエイ

~若者がグローバル社会で活躍するための強固な基盤となるグローバルコンピテンスと、その育成のために必要な学習について考えます~

国内・海外教育研修や留学・ホームステイなど、グローバル教育支援に取り組む株式会社アイエスエイ(本社:東京都港区、代表取締役 倉橋 勝)は、今後世界の誰もが必須となる能力であるグローバルコンピテンスと、その育成について考える「グローバル教育セミナー」を、2020年3月26日(木)に大阪、3月27日(金)に東京で開催します。



[画像: https://prtimes.jp/i/16315/74/resize/d16315-74-773032-0.png ]

■日本人の生徒のグローバルコンピテンスを育成する専門プログラムを開発
OECD(経済協力開発機構)が提唱したグローバルコンピテンス(※注1)は、これから世界の誰もが必須となるグローバルな能力について定義したものです。この能力は若者たちがグローバル社会で活躍するための強固な基盤となるもので、人生とともに成長していく力でもあります。

グローバルコンピテンスは現在、英語科・国際科のみならず、教科を越えた総合的な教育ベースとして、国際教育推進校を筆頭に国内でも普及し始めています。こうした時代の流れを受け、アイエスエイでは日本人生徒のグローバルコンピテンスを育成する専門の教育プログラムを開発しました。
このプログラムは中学校・高校の学校現場で展開できるように、日本の生徒の特性と環境に合わせた具体的なカリキュラムとして設計され、通常授業に組み込みやすくアレンジされています。

第一部では、実際にアイエスエイのグローバルコンピテンスプログラムを採用・導入された全国の学校の事例と併せながら、プログラムの詳しい内容についてご紹介します。

◆グローバルコンピテンスとは(※注1)
グローバルコンピテンスとは、地域社会、グローバル社会そして異文化に関わる問題を考察し、他者の視点や世界観を理解し、その価値を認め、異文化の人々とオープンに適切かつ効果的なコミュニケーションをとり、共同体としてのグローバル社会の繁栄と持続可能な発展の為に行動を起こす能力である。(PISA 2018 グローバルコンピテンス序文より)

■通年を通したサポートで生徒の力を伸ばすグローバル教育プログラムの活用法
第二部では、上記のプログラム以外の、通年授業に組み込み可能で多様なグローバル教育プログラムを、導入校の事例とともにご紹介します。

現在、アイエスエイの教育プログラムは全国の小学校・中学校・高等学校の約1000校で導入されています。自校で実施しているカリキュラムと連動させて、アクティブラーニング指導のプロがアウトプット重視の授業を展開するプログラムや、海外の有名大学から現役大学生を招聘して実施するオールイングリッシュのディスカッションプログラム「エンパワーメントプログラム(R)」、カリフォルニア大学デービス東京校のメソッドを応用した4技能対策にも効果的なアカデミック英語、SDGs、ディベート、英検対策、希望者には海外大学進学のパスウェイもご用意できる海外大学進学準備コースなど、小学校から高校まで幅広く対応し、さらに学校の方針や特色に合わせた柔軟なカスタマイズが可能です。通年を通したサポートで生徒の力を育成する幅広いグローバル教育プログラムの詳細をご案内いたします。

グローバル教育カリキュラムのアップグレードや、新しくグローバルコース導入等をご検討中の学校に向けてお役に立つ内容となっております。是非お気軽にご参加ください。

【講演セミナー内容】
第一部:「日本の生徒のグローバルコンピテンスを育成するサスティナブルな教育モデル」
講師:株式会社アイエスエイ 教育サービス統括本部 取締役本部長 平田 敏之
   GPI US 教務ディレクター ティム・プリュエ(Tim Prewett)
第二部:「通年で貴校のグローバル教育改革を支援し、真のパートナーシップを目指す」
講師:株式会社アイエスエイ 執行役員 国内研修部部長 寺澤 ますみ

【講師プロフィール】
◆平田 敏之
約30年間、私立高等学校・中間一貫校で教鞭を取りながら、東北高等学校、岡山学芸館高等学校でSELHiを担当。その後、立命館宇治中学校高等学校で国際主幹としてSGHを担当。教鞭を取った全3校で留学コースの指導にあたり、数多くの生徒を世界に送り出した経験を持つ。2017年、学校の枠を超えて日本全体にグローバル教育を展開することを目的にアイエスエイに参画。

◆ティム・プリュエ
日本、シンガポール、アメリカの中学校、高校、大学、インターナショナル・バカロレア校で20年以上の教員経験を持ち、インターナショナル・バカロレア(IB)、プロジェクト・ベースド・ラーニング(PBL)、生徒のモチベーション向上と多様な学習法について取り組む。STEM、リーダーシップ、ビジネス、エンパワーメント、プレゼンテーション力などのカリキュラムに、探求の単元・知の理論等を取り入れた幅広い教育カリキュラムの開発を手掛け、現在はGPI USの教務担当ディレクターとして全米のGPI USの教育カリキュラムの開発および講師トレーニング等を担当する。幅広い教員経験の中で、英語力、クリティカルシンキング、メタ認知能力の習得について多くの日本人が躓き苦労をしていることに気付き、その解決策としてステューデント・センタード・ラーニング(SCL)を提唱している。

◆寺澤 ますみ
東京大学文学部英米文学科卒業。スイスIMD経営学修士号取得。経営コンサルタント、グローバル企業経営企画部マネジャー、東京都教育委員会英語教育アドバイザーを経て現職。年間500件以上の国内におけるグローバル教育プログラムの開発・運営の監修を行う。

「グローバル教育セミナー」開催概要
日  時 :2020年3月26日(木)大阪会場(アイエスエイ関西支社 会議室)14:00~16:00
     2020年3月27日(金)東京会場(アイエスエイ首都圏支社10階会議室)14:00~16:00
定  員 :各会場 30名 ※満席になり次第受付終了となります。
対  象 :小学校・中学校教職員、学校管理職、および教育委員会関係者様
講  師 :アイエスエイ 教育サービス統括本部 取締役本部長 平田 敏之、GPI US 教務ディレクター ティム・プリュエ、アイエスエイ 執行役員 国内研修部部長 寺澤 ますみ
費  用 :参加無料

▸お申込み方法 : オンライン申込み(https://www.isa.co.jp/seminar/gsem202003/) または FAX での申込み

◆ISAについて
株式会社アイエスエイは「グローバル教育を通して、世界の若者を逞しい自由人に」という経営理念の下、学校法人、教育関係者及び個人のお客様を対象とし、中長期の海外留学やホームステイ、国内における英語教育、国際交流を通してグローバル人材育成の一端を担い続けています。1年間にアイエスエイのプログラムを導入する学校は全国で1,000校、参加された方は約5万人にのぼり、これまで延べ60万人の皆様にプログラムに参加して頂いております。
アイエスエイは、第1種旅行業(観光庁長官登録旅行業第256号)に登録されていますが、一般の国内・海外旅行(観光)は取り扱わず、グローバル人材教育に特化した教育旅行の専門会社です。

【株式会社アイエスエイ】
本  社 :東京都港区港南1-6-41 品川クリスタルスクエア10F
代  表 :倉橋 勝
設  立 :1970年9月26日
事業内容 :海外及び国内教育研修・長期留学、海外大学進学サポート、学校教育イノベーション支援、e-ラーニング
U R L :https://www.isa.co.jp/education/

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告