最大半額!今までにない空気清浄機登場!インテリアライト型空気清浄機「puripot L1」先行販売開始

プレスリリース発表元企業:HRJ株式会社







画像 : https://newscast.jp/attachments/Y1veHz3LmMI4S2s2zm3k.png


HRJ株式会社(本社:千葉県千葉市)は、2020年2月21日よりクラウドファンディングサイトMakuakeにて“インテリアライト型空気清浄機「puripot L1」”の先行販売を開始いたしました。
▼クラウドファンディングページ  
https://www.makuake.com/project/puripotairlamp/
今の季節は花粉が飛び始め、花粉症の方には1年で最もつらい季節となります。
またウイルスなどが流行する時期であり、
小さなお子様やご高齢の方がいる家庭はもちろん、そうでないご家庭も非常に心配な季節です。
そんな時の強い味方が空気清浄機です。
「puripot L1」は定期的に交換するような一般的なフィルターは使用しておりません。
光触媒機能を使って花粉やウイルスや菌や臭いの元となる物質を分解して無毒化します。
一般的なフィルターはどんなに高性能でも花粉などを吸着させるだけで、
分解して無毒化させることはできません。
メンテナンスを怠るとフィルターにたまった有害物質を逆に部屋に放出させることになります。
またフィルター交換時にも注意を払わないと、吸着している有害物質を部屋に拡散させることになってしまいます。
「puripot L1」は有害物質を光触媒機能で分解して除去してくれます。
フィルターに有害物質を吸着させる空気清浄機とは構造が根本的に違うので、安心してお部屋に置くことができます。


画像 : https://newscast.jp/attachments/5khoEFGLkWxzk5nNVU2t.png


しかもただの空気清浄機ではなく見た目はインテリアライトそのものです。
もちろんライトの機能もしっかりと備わっていますし、空気清浄機とライトは別々に稼働させることも可能です。
ライトはLEDで経済的。
1日8時間明かりを照らしても10年以上ご使用頂ける長寿命設計。
明かりは自然光に近い昼光色で最大100ルクス、5段階で光量を調整可能。
明るい光が必要なオフィスのデスクランプや、微かな光で食卓を演出するムードランプとしてもご使用いただけます。


CES2020 イノベーションアワード受賞!



画像 : https://newscast.jp/attachments/3cenhxn9hoULZCiRFgBw.png


CESとは毎年1月にラスベガスで開催される世界最大のテクノロジー展示会です。
puripot L1 は画期的な技術やイノベーションをもたらす商品に贈られるCES2020イノベーションアワードを受賞し、その高い機能性と実用的なデザインは世界が認めています。


商品仕様



画像 : https://newscast.jp/attachments/teCBS6rPBL4LkioUkj1j.png


商品名:puripot L1
LEDライトモード:全5段階
空気清浄機モード:全12段階
サイズ:390×210mm
重量:1.5kg
空気清浄範囲:約15㎡
動作温度:-10~60℃
動作湿度:90%RH
消費電力:10W
電源:DC12V/1.5A
生産国:韓国(本体)、中国(アダプター)


先行販売購入方法


クラウドファンディングサイト「Makuake」よりお申し込みください。
https://www.makuake.com/project/puripotairlamp/


会社概要


会社名   : HRJ株式会社
代表取締役 : 今井 俊一
所在地   : 〒262-0019 千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘4-37-21
設立    : 2016年5月
事業内容  : インターネット等を利用した商品の販売及び輸出入


■本件に関するお問い合わせ先


企業名  : HRJ株式会社
担当者名 : 今井
TEL : 090-9332-1935
Email  : s.imai@hrjcoltd.com




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • TORANOTECによる発表の様子。(TORANOTECの発表資料より)
  • マツダ100th Anniv.カフェタンブラー(画像: MZRacingの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「マグネター」のイメージ。(c) CSIRO
  • (c) 123rf
  • (c) 123rf
  • 室内で新型コロナウイルスを含んだ飛沫核が移動する様子(上)と換気によって飛沫核の拡散が防げる様子(下)(画像:クイーンズランド工科大学の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース