2020-02-20 19:00:00

トヨタと豊田自動織機、ハイブリッド車用の新型電池を共同開発

プレスリリース発表元企業:Toyota Motor Co Ltd

Toyota City, Japan, Feb 20, 2020 - ( JCN Newswire ) - トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)と株式会社豊田自動織機(以下、豊田自動織機)は、急速な拡大が予想されるハイブリッド車(HV)の開発・市場投入に対応するために、HV用の新型電池を共同で開発し、トヨタのHVへの搭載に向け、今後、車種や電池の仕様・性能等について検討を進めていきます。

また、新型電池の製造は、増大するトヨタのHVの生産に対応していくため、豊田自動織機の共和工場(愛知県大府市)ならびに東浦工場(愛知県知多郡東浦町)の隣接所有地での生産を予定しており、今後、豊田自動織機はトヨタとともに供給体制の構築・強化に取り組んでまいります。

今後もトヨタと豊田自動織機は、地球温暖化の抑制に向けたCO2排出量削減に、トヨタグループとして貢献するために、電動車の普及を支える技術や商品開発を推進していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/31649046.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース