2020-02-19 19:30:00

花粉やウイルスを99.36%防ぎながら運動ができるトレーニングマスクVENTをCAMPFIREで2月19日発売!~早ければ3月上旬に納品~

プレスリリース発表元企業:株式会社日本創作
着用イメージ

トレーニングマスクVENTの構造イメージ図

トレーニングマスクVENTのフィルター

海外商品の国内販売、商品企画販売を行う株式会社日本創作(所在地:東京都江東区)は、輸入総代理店を務めるアメリカブランド「TRAINING MASK」における独自特殊フィルター付き「トレーニングマスクVENT」を、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で2020年2月19日に発売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/206099/LL_img_206099_1.jpg
着用イメージ

【クラウドファンディングページ】
https://camp-fire.jp/projects/view/230650


■トレーニングマスクVENTを利用するメリット
トレーニングマスクVENTは呼吸筋に負荷を加えながら運動を行うことができる画期的なトレーニングギアです。
呼吸筋に負荷を与える事により、同じ内容、同じ時間のトレーニングでもよりスピーディーに心拍数の増加や、エネルギー代謝(カロリー消費)の増加が見込めます。
今回はクラウドファンディングサイトCAMPFIREにて、花粉やウイルスを99.36%ブロックをしながらトレーニング可能(米国Nelson Labs調べ)なトレーニングマスクVENT(ベント)を発売致します。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/206099/LL_img_206099_4.jpg
着用イメージ(2)

■トレーニングマスクVENT(ベント)とは?
トレーニングマスクVENTはトレーニングマスクのシリーズである、トレーニングマスク3.0にフィルター機能を搭載したものです。
このフィルター機能により屋内、室外を問わず花粉やハウスダストなどの有害物質や汚染された空気から身を守りながらトレーニングをすることが可能です。
今のトレーニングにプラスするだけでその日のトレーニング強度をコントロールすることができます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/206099/LL_img_206099_2.png
トレーニングマスクVENTの構造イメージ図

■商品概要(セット内容)
・トレーニングマスクVENT 本体
・インストラクションマニュアル(英語)
・日本語マニュアル(日本語)
・固定用ヘッドストラップバンド
・特殊フィルター(10枚)
・オーセンティックナンバーカード(正規証明のシリアル)
※当セット内容はメーカーの仕様変更などにより一部変更となる可能性がございます。

【<CAMPFIRE>ご購入者の特典保証について】
★製品保証 6ヵ月
★<CAMPFIRE>限定フィルター無償提供権(ご購入半年後に交換用フィルターを支給致します。※1)
★正規日本語説明書

【クラウドファンディング(リターン)】
・超早割(先着20名様):7,980円
・早割(先着30名様):8,980円
・CAMPFIRE特別割(先着30名様):9,980円
※3月上旬納品予定
・CAMPFIRE特別割:9,980円
※3月中旬~4月中旬納品予定

https://camp-fire.jp/projects/view/230650

【トレーニングマスクVENT紹介動画】
https://www.youtube.com/watch?v=upRLyJiNxeU


・Training Mask日本公式サイト
https://trainingmask.jp/
・Training Mask日本公式Instagram
https://www.instagram.com/trainingmask.jp/
・Training Mask日本公式Twitter
https://twitter.com/Trainingmaskjp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
  • Flow Machines Professional(画像:ソニーコンピュータサイエンス研究所の発表資料より)
  • うめきた2期の完成イメージ(阪急阪神ホールディングス発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 「星形成プロジェクト」による3つの領域(オリオンA領域、わし座領域(Aquila Rift)、 M17領域)の一酸化炭素輝線強度の電波地図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース