2/27(木)開催「福島県ものづくりフェア」のシンポジウム、当社プロデューサーがファシリテート

プレスリリース発表元企業:株式会社クリーク・アンド・リバー社

2月27日(木)、福島県で開催される「福島県ものづくりフェア」のシンポジウム「製品開発におけるデザインの役割とは?」において、クリエイターのアイデアで地域の中小企業を活性化させる事業を推進する当社プロデューサー 加藤 寛之が、ファシリテーターとして登壇いたします。

本イベント及びシンポジウムは、福島県の開発型企業が集結し、産学官連携による開発商品や技術を展示するほか、福島県内の企業の方々に産学官連携とデザイン思考の視点から新製品開発に必要な要素について提示し、成功の秘訣をご紹介する内容となっております。

▼お申し込みはこちら
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021b/monofea200227.html



[画像: https://prtimes.jp/i/3670/1739/resize/d3670-1739-596739-0.jpg ]


■日時
2020年2月27日(木)13:00~16:00(受付12:30~)

■会場
コラッセふくしま 4F 多目的ホール
〒960-8053 福島県福島市三河南町1-20
http://www.corasse.com/access

■スケジュール
13:00~16:00

【基調講演】
13:10~14:10
「福島県地域産業復興・創生アドバイザーとしての活動報告」
講師/堀切川 一男 氏(東北大学大学院工学研究科教授、福島県地域産業復興・創生アドバイザー)
14:10~15:00
「デザイン思考を活かした日本のものづくりについて」
講師/名児耶 秀美 氏(アッシュコンセプト株式会社 代表取締役)

【シンポジウム】
15:10~15:50
「製品開発におけるデザインの役割とは?」
<パネリスト> 名児耶 秀美 氏(アッシュコンセプト株式会社)、大竹 愛希 氏(合同会社楽膳)、宮部 和昌 氏(アルテクロス株式会社)
<ファシリテーター>加藤 寛之(株式会社クリーク・アンド・リバー社)

【開発商品・技術展示】
13:00~ 産学官連携による開発商品・技術展示

■入場料
無料

▼お申し込みはこちら
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021b/monofea200227.html

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社
事業開発グループ 事業企画室 事業企画セクション
担当/浅井・加藤・八坂
Email:seadas@hq.cri.co.jp

================
【この件に関するお問い合わせ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社
経営企画部
TEL:03-4550-0008
URL:https://www.cri.co.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
  • Flow Machines Professional(画像:ソニーコンピュータサイエンス研究所の発表資料より)
  • うめきた2期の完成イメージ(阪急阪神ホールディングス発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 「星形成プロジェクト」による3つの領域(オリオンA領域、わし座領域(Aquila Rift)、 M17領域)の一酸化炭素輝線強度の電波地図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース